読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「あさが来た」ロケ地まとめ(随時追記あり)&広岡浅子ゆかりの場所と関連展示会

スポンサードリンク

朝ドラ「あさが来た」が始まってから毎朝が楽しくなりました。

古川智映子さんの小説「土佐堀川」が原作となっており、実在した人物「広岡浅子」の伝記物語となっています。

脚本家大森美香さんによる脚本です。登場人物がユーモアたっぷりに描かれていて日本の歴史も知ることができるドラマです。

そんな中で”ここはどこ?”と気になった場所がいくつかありました。これまでに登場した中から印象的だったロケ地をご紹介します。ロケ地巡りをしながら当時に思いを馳せるのも楽しいですよね。

また、関西には広岡浅子ゆかりの地が数多くあり、展示会と合わせて行ってきましたので、合わせてご紹介します。

f:id:sanpogarden:20151110191248j:plain

(↑写真右側が旧加島屋こと現在の大同生命。大同生命向かいのアパホテル屋上ベトナム料理レストランより撮影。)

 ====

目次

 ・【随時更新】「あさが来た」俳優のTV出演情報&関連の最新ニュース

2016年3月26日:玉木宏さん「あさイチ・プレミアムトーク」出演

【感想&番組内容まとめ】玉木宏「あさイチ・プレミアムトーク」体重10kg増で挑んだ晩年の新次郎の演技が話題「あさが来た」 - さんぽガーデン

●2016年3月3日発表 「あさが来た」スピンオフ放送日決定:4月23日BSプレミアム午後9:00~10:30(NHK公式情報)

www.nhk.or.jp

 

 ●2016年2月18日 NHK「ぐるっと関西おひるまえ」「五代さまに会いに行こう!」

この特集について記事にまとめました。大阪の五代友厚像が増えることになりました!

sanpogarden.hatenablog.com

1.ここまででドラマに出てきたロケ地

兵庫:淡路島:淡路花さじき:最終回(第26週)あさが新次郎と出会った花畑

淡路島にある花でいっぱいの名所です。一年中様々な花を楽しむことができます。

淡路島フィルムオフィス公式ホームページで、最終回のロケ(撮影)の様子が公開されています。「当初は花畑で撮影する予定ではなかった」そうです。花畑が最終回にぴったりでしたよね。⇒淡路島フィルムオフィス【撮影支援実績】

【参考】⇒兵庫県立あわじ花さじきホームページ

大阪:東大阪市:樟徳館(樟蔭学園):第20週 あさが女子大学設立の相談に訪れた早稲田の大隈重信邸

樟徳館でロケが行われたことを、樟蔭学園が公式Facebookでニュースとして報じています。ロケの様子の写真入りです。ロケは2016年1月5日に行われたそうです。⇒【樟蔭ニュース】樟徳館が、NHK連続テレビ小説「あさが来た」のロケ地になりました! | Facebook

玄関の様子がとても素敵でしたよね。

樟徳館の様子については樟蔭学園のHPにも詳しく写真付きで説明されています⇒学校法人樟蔭学園 :: 樟徳館

和歌山:和歌山マリーナシティ:第13週「東京物語」で”あさ”と”うめ”が上京した際に東京として描かれる

第13週「東京物語」で、”あさ”と”うめ”が五代友厚に招かれて東京を訪れました。この際に「東京」という設定で登場したのが和歌山マリーナシティです。武田鉄矢さん演じる福沢諭吉や柏原収史さん演じる大久保利通とも東京で出会っています。

橋のガス灯に火を灯す様子を目撃したあさは、東京の文明が進んでいることを実感していました。

和歌山マリーナシティがドラマに登場することが判明したのは去る10月16日。波瑠さんのブログにロケ中の写真が掲載されました。

波瑠さんのブログ記事

ameblo.jp

 ディーン・フジオカさんのInstagram

ディーン・フジオカさんも、和歌山のマリーナシティで撮った写真を公開されています。

 

First timer in #wakayama yet feels like back in #Batavia #cintaindonesia #japanesetv #asagakita #sayang

Dean Fujiokaさん(@tfjok)が投稿した写真 -

 

和歌山マリーナシティの公式HPです。マリーナシティの中のポルトヨーロッパと呼ばれるヨーロッパの街並みが再現されたエリアが登場するようです。地中海の港町を再現したのがポルトヨーロッパです。

www.marinacity.com

 アクセス:南海和歌山市・JR和歌山駅からバスで30分 JR海南からバスで15分

京都:広沢池:新次郎が三味線の先生と外で三味線を弾いていた場所

最初この場面を見た時、京都の大覚寺にある大沢池かと思ったのですが、この場面は広沢池だそうです。(大覚寺から1kmぐらい東に行ったところにあります。)

ロケ地巡りをするなら大覚寺に行ってから広沢池を訪れるのも良いかもしれません。

広沢池へのアクセスはJR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」下車 徒歩15分。大覚寺へも行ってみるなら「嵐山駅」付近から出ている大覚寺行バスに乗るのがおすすめです。

 

 阪急電車のブログでは、阪急「西院駅」からバスに乗るという方法で広沢池へ行っていました。桜や紅葉の時期や夏休みなどは嵐山は混むので、別のルートから行くのも良いかもと思いました。

www.hankyu.co.jp

 滋賀県:八幡堀:はつ(あさの姉)が嫁ぐときに船に乗っていった川

滋賀県の八幡堀です。この場所、朝ドラ「ごちそうさん」で主人公め以子の義姉が、め以子の荷物を大八車で引いて行った場所もここだったような気がします。映画「武士の家計簿」でも使われた場所だそうです。

shigaloca.shiga-saku.net

大河ドラマ「龍馬伝」で寺田屋の前の船付場になっていた場所にも似ていると思ったのですが、ここではないようです。

(追記:第三週であさが米の売買を見ていたのも八幡堀に見えましたがどうでしょうか。)
アクセス:JR近江八幡駅
 

 京都:太秦:松竹京都撮影所:あさが嫁いだ「加野屋」のある街並み

太秦映画村かと予想していたのですが、太秦映画村の隣にある松竹京都撮影所です。ここは一般人は入れない撮影所なので、太秦映画村に似ていますが映画村の中とは違う街並みのようです。太鼓橋なども太秦映画村と似ていたのですが橋の周りの街並みが映画村とは違ったので、ここも非公開エリアだと思います。

松竹京都撮影所を特別に見学された方のブログがありました。やはり関係者以外入れない場所のようです。是非見学に行ってみたい!

kazunhana.blog51.fc2.com

 

奈良:橿原市今井町:京都のあさの実家「今井家」

f:id:sanpogarden:20160209190145j:plain

江戸時代の街並みを保存する区域です。最寄駅は近鉄の八木西口。八木西口から西へ数百メートル歩くと今井町の「重要伝統的建造物群保存地区」へたどり着きます。

酒屋・まんじゅう屋・骨とう品店などが立ち並び、アート活動の拠点として伝統的な家を利用している家屋もあります。

橿原市/重要伝統的建造物群保存地区

橿原市の公式HPでも「あさが来た」のロケで実家「今井家」の設定として使われたことが紹介されています↓

橿原市/今井町でロケを行ったドラマが絶賛放送中です!

今井町周辺マップです。現在も何軒かの家は重要文化財として公開されています。

橿原市/今井町

どこかで見た街並み!と思ったら「ごちそうさん」で主人公め以子が嫁いだ「西門家の街並み」もここだったのですね。

追記:今井町訪問記を書きました。

sanpogarden.hatenablog.com

(ここから南に二駅行くと橿原神宮前駅です神武天皇を祀った橿原神宮へ行くことができます。)

兵庫:姫路:ゆりの木会館:物語冒頭であさが生徒たちにスピーチをしていた講堂

最近の時代ものの朝ドラの冒頭は、主人公の晩年の一瞬を描いたところからスタートすることが多いですね。覚えているのは「ごちそうさん」と「花子とアン」。「あさが来た」も”あさ”が講堂で女学生にスピーチをする場面でした。

 講堂に立つあさは真っ白な衣装で凛とした佇まいが印象的でした。第三週で描かれているまだまだ幼いあさとは対照的です。

www.city.himeji.lg.jp

現在は兵庫県立大学の敷地内となっています。

2.ドラマ開始前に出てきたロケ地(ポスターなど)

京都:出町柳:下賀茂神社前の糺の森:「あさが来た」の波瑠さんポスター

主人公あさに扮した波瑠さんのポスターが撮影されたのが京都の京阪電車・出町柳(でまちやなぎ)駅近くにある下鴨神社です。下鴨神社の前には細長い形をした参道があり杜のようになっているのですが、そこが糺の森(ただすのもり)です。

背の高い木々が美しく空気が綺麗です。気持ちがスカッとする場所ですので、「あさが来た」のイメージにぴったりの場所だと思います。

週末にはハンドメイド市や音楽祭が開催されていたりしますので、日程を確認して訪れるとさらに楽しむことができます。

↓糺の森で開催されている「森の手作り市」の情報が更新されているサイトです。

森の手づくり市 - 開催概要

下鴨神社の公式サイトです。結婚式も毎日のように行われています。

www.shimogamo-jinja.or.jp

 アクセス:京阪電車 出町柳駅下車 徒歩2分(糺の森は細長いので歩いているうちに5~10分経ちます。森を抜けると下賀茂神社が見えます。)

 3.その他「あさが来た」関連情報

「あさが来た」関連書籍一覧

1)原作となった小説「土佐堀川」

大阪:肥後橋:大同生命:加島屋が実在した場所:展示会「特別展示 大同生命の源流”加島屋と広岡浅子”」

f:id:sanpogarden:20151110191248j:plain

↑現在の大同生命ビルは写真右端に映っています。アパホテル屋上より土佐堀川を東向きに撮影しました。写真右側が肥後橋エリア。写真左側が中之島です。

先日、大阪の大同生命メモリアルホールで開催されている広岡浅子の展示会へ行きましたので展示会の感想と情報をブログ記事にまとめました。

下のブログ記事内で五代友厚関連の展示会についてもご紹介しています。(企業家ミュージアム&大阪取引所)↓

sanpogarden.hatenablog.com

。アクセス:大阪市営地下鉄:肥後橋駅下車すぐ

大阪:北浜&中之島:適塾と福沢諭吉生誕の地

現在の大同生命メモリアルホール(加島屋跡地)と大阪取引所の間に適塾があります。この大同生命→適塾→大阪取引所まで歩いて15分ぐらいと、とても近いです。

大同生命から橋を渡って中之島には朝日放送の建物があるのですが、その社屋の南側(川沿い)に福沢諭吉生誕の地があります。もうとにかく、これらの場所は全てご近所さんで近い!の一言です。

福沢諭吉は緒方洪庵が開いた適塾に通い、平等の教えに触れました。賢く血気盛んな若者が多く通っていた塾は、蘭学・医学を学ぶことができた当時最新の塾です。

道に面した入口は小さいのですが、奥行きがあり2階建てになっています。当時は家が立ち並んでいたと思わせる作りです。中庭があり、各部屋に資料が展示されています。

f:id:sanpogarden:20151110193755j:plain

現在も高層のオフィスビル群の中に綺麗に保存されています。

開館時間が10:00~16:00までと短いので、夕方はお早目に!

www.tekijuku.osaka-u.ac.jp

**11月5日、福沢諭吉役で武田鉄矢さんの出演が決定しました!**

www.nhk.or.jp

適塾(公開中・大阪大学医学部が管理)

 福沢諭吉生誕の地(朝日放送社屋南側・川沿いに石碑あり)

東京:日本女子大学:広岡浅子(あさ)と成瀬仁蔵(成澤)が設立発起人となった大学

広岡浅子と成瀬仁蔵が設立した日本女子大学の公式HPでも「広岡浅子」特集が組まれています。⇒広岡浅子特集

平塚らいてう(ドラマでは”はる”)、井上秀(田村宜)も日本女子大学に関わる人物として公式HPで紹介されています。⇒NHKドラマ「あさが来た」本学関連登場人物 | 日本女子大学

日本女子大学の成瀬記念館では4月8日まで「女子大学校設立の恩人-広岡浅子展」を開催中。⇒成瀬記念館「女子大学校創立の恩人―広岡浅子展」の会期延長のご案内 | 日本女子大学

「写真で見る日本女子大学の110年」日本女子大学の歴史が127枚もの写真特集で紹介されています。寄付金簿には大隈重信の署名もあります。⇒写真で見る日本女子大学の110年 | 日本女子大学

 

5.スタジオ撮影見学もできる!NHK大阪放送局:谷町四丁目

朝ドラのスタジオ撮影は、NHK大阪で見学できます。大阪市営地下鉄・谷町線の「谷町四丁目」駅を降りて東側に3分ほど歩いた所にあります。(大阪城がすぐ目の前です。)NHK大阪に入ったらエレベーターを上がって9階です。ガラス越しで、スタジオの一つ上の階から見学することができます。

追記:毎年5月から、次の朝ドラの撮影が始まります。スタジオは2部屋に別れており、朝ドラ撮影の隣のスタジオでは「歴史秘話ヒストリア」「バラエティー生活笑百科」などの撮影が行われています。

6.「あさが来た」ロケ地巡りはJTBが便利で簡単!交通手段とホテルの組み合わせが自由に選べる

f:id:sanpogarden:20160612193643j:plain

ロケ地巡りにはJTBが便利でおすすめです。 JTBなら、出発地・行き先・出発日を選ぶだけで、行き先のホテルまで一発で検索できて簡単!

列車(電車)・航空(JAL・ANA)・バス、とお好きな交通手段を選べるので、1分もかからずオリジナルの旅行ツアーが簡単に作れます。

ホテルはおすすめ候補がいくつも表示されるので、お好きなホテルと交通手段を組み合わせ自由で選ぶことができます。

ロケ地巡り以外にも、USJや沖縄、東京ディズニーリゾートなど、行きたい所を検索してみるのも楽しいですよ。

JTBで検索してみる

7.おすすめ記事

sanpogarden.hatenablog.com


sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com



Copyright © さんぽガーデン(さんこ)all rights reserved.