読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【日本語訳】2015スケートカナダ優勝パトリック・チャン記者会見概要&パトリックの復活が予想以上に嬉しい今シーズンの始まり

スポンサードリンク

あれ?私ってこんなにパトリック・チャンのファンだったっけ?と思うぐらいにパトリック・チャン優勝のニュースが嬉しかった本日です。

パトリックと言えばソチオリンピックの後、一年休養。そこから本当に復活してくるのかなと思っていたのですが、約束通り帰ってきました。そしてグランプリシリーズカナダ大会で大きく復活!カナダの人達も嬉しいでしょうね。

パトリック優勝おめでとう!なスケートカナダでの演技

ショート

www.youtube.com

フリー

www.youtube.com

パトリックのインタビュー(記者会見)

ショート後のインタビュー

まさか会見できる(ほど上手くいくとは)思わなかった!と嬉しそうです。

www.youtube.com

フリー後のインタビュー

www.youtube.com

【パトリック フリー後記者会見概要】

ストレスが大きくてチャレンジングな大会だった。6分間のウォームアップでも感覚は良くなかった。フィジカル面より(メンタル面で)思うところが色々あった。上手くいく日と上手くいかない日があるけど、今日は上手くいった日だった。競技会はフィジカル面よりメンタルの面(の影響)が大きい。

ショートでは復活したことを伝えたいと思いすぎてコントロールが難しかった。ショートは新しいことへのチャレンジが多かった。フリーの方が自分にとっては落ち着いたプログラム。

復帰するのはとてもチャレンジングだった。復帰した正直な理由は、スケジュールに沿ってのトレーニングをしたいことと、毎日のゴールと目標が必要だったから。(休養中は)ショーをしている時以外は退屈で、”友達が皆トレーニングをしているのに自分は一体何をしているんだろう”と思った。トレーニングセンターや競技会で友達といると素晴らしかった時間(競技していた頃のこと)を思い出した。

いざ復帰してみると大変で、”何をしているんだろう”と落ち着かなかった。まだ復帰後初の大会だから快適ではないけど、そのうち良くなるだろう。

ユヅとオリンピック後初めて対決できたのも良かった。僕らはどちらもその後色々な体験をして変化があったから前に進むのは良いことだと思う。

(聞きながら書いたので、大事だと思われたところのみ取り急ぎ。さんこ訳)

パトリックのインタビューを読んで厳しいスタートを予想していた

10月29日のスポーツナビのインタビューを読んだ時点では厳しいスタートになるのかなと予想していました。パトリックと言えば昔から強気な発言が多かった印象がありましたが、ここ数年はとても謙虚なんですよね。「積み上げる一年になる」とのことだったのでグランプリシリーズ最初のカナダ大会でここまで復活しているとは予想していませんでした。(本人の感覚では積み上げる一年のためのスタート地点という認識なのかも…。)

sports.yahoo.co.jp

パトリックの演技を実際目にした世界選手権エキシビション

2014年5月に大阪なみはやドームで行われた世界選手権のエキシビションでパトリックの演技を初めて目にしました。

氷にすいつくような演技、と言われているのは知っていたのですが、実際目にすると重厚感がありながらもすぅーっと氷にすいつくような演技に魅了されました。あの頃は、とにかく一年休養を取る、という話だったので、その後戻ってくるのか不明でした。

羽生結弦選手とパトリック・チャンは良いライバル

ソチオリンピック直前のシーズンはパトリックが羽生選手に差をつけていることが多く、ぎりぎりで羽生くんが追いつき、パトリックを抜き去った!という展開だったため、その後二人の対決が見られなくて残念だったのです。

羽生くん優勝、パトリック準優勝で終わったオリンピックでしたが、抜きつ抜かれつこれからもフィギュアスケートを引っ張っていく二人がまた見られることが嬉しいです。

一時は「3回転が綺麗にできればいいよ」というモードになってしまっていた男子フィギュアスケートがここまで盛り返してきたのも、二人が切磋琢磨して作戦を工夫して勝とうとしてきたからですよね。

パトリックのインタビューを見て、羽生くんとの良い関係が垣間見られて嬉しかったです。

村上大介選手も伸びてきて豪華すぎる日本男子

先シーズンの電撃的NHK杯優勝が印象的だった村上大介選手。今回もメダルだ!やった!宇野くんもスケールが大きくなり、村上くんも笑顔はじけるメダリスト。

日本男子が豪華すぎませんか?次回のオリンピックの枠が3つでは足りないです。

今回はパトリック中心に書こうと思いましたが抑えきれないこの気持ち。まずは、グランプリシリーズカナダ大会のエキシビションも堪能することが大切ですね!

 

Copyright © さんぽガーデン(さんこ)all rights reserved.