読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【現地観戦記】【第35回大阪国際女子マラソン】福士加代子優勝の一戦を大阪城公園と長居スタジアムで応援

スポンサードリンク

リオ五輪選考会となる大阪国際女子マラソンを現地で応援したい!と思い、昨日1月31日、大阪城公園長居スタジアムへ応援に行ってきました。本日は観戦記です。

f:id:sanpogarden:20160201185355j:plain

事前準備:公式ページで応援ガイドを見る

マラソン観戦は好きなのですが、今までずっとTVでしか観たことがなかったんです。市民マラソンは一度だけ応援に行った経験ありという、現地観戦初心者です。

どこらへんで応援すればいい?何を持っていけばいい?などなど、さっぱりわからなかったので、まずは公式ページで情報をゲット。

コースガイド 応援ガイド | 第35回 大阪国際女子マラソン 公式ホームページ

色んな人の観戦ブログを読んでいると、長居競技場でスタートを見て、それから各地(大阪城公園中之島、御堂筋など)へ電車で移動、また長居競技場へ戻るのが楽しいらしいとわかりました。

でも、電車が混んで次の移動先に間に合わないこともあるらしい…。それは悲しい。しかも、ダッシュには自信なし。

吟味した結果、JR森ノ宮駅付近(大阪城公園の東側の南角)で観戦しようかと考えたのですが、そのあたりは混むらしいと気付き再度変更。

最終的にJR大阪城公園駅前に決定しました。

大阪城公園駅前で16km付近を観戦して、帰りの30km手前あたりの大阪城公園の中でまた観戦しようという計画です。これなら移動もしなくて良いし初心者でも問題なさそうです。

早目に到着してハーフマラソン観戦:参加選手は伊藤舞野口みずき

フルマラソンの選手たちが大阪城公園駅前を通過するのは、早くても13時ごろですが、ハーフマラソンも見学したかったので11時40分頃早目に到着。

ハーフマラソンの選手たちが大阪城公園からマラソンコースにわらわらっと出てきて大阪城公園前のスタート位置につくのを見て、いよいよか!とドキドキが高まります。

いざ、スタート!!(12時10分。大阪国際女子マラソンフルマラソンの選手達も同時に長居スタジアムスタート)

あれ…選手たちが南へ向かって遠ざかっていく…

こっちへは来ない…

係の方に聞いたところ、ハーフマラソンの最初の数kmはフルマラソンとはコースが逆とのこと。つまり、ここはスタートからすぐの地点ではなくハーフマラソンの6km地点だったのです。

通らないのかと思ってちょっとドキドキしてしまいました。

15分ほどすると、男子の先頭集団がやって来ました。

f:id:sanpogarden:20160201185708j:plain

速い!

女子はリオオリンピックに内定している伊藤舞さんとアテネの金メダリスト野口みずきさんがエントリー。

第3集団あたりに、いました!女子選手。

f:id:sanpogarden:20160201185832j:plain

右端が伊藤舞さんです。男子に混ざってゴォーっと駆け抜けます。

その後少し空いてから次の集団に野口みずきさんが走り抜けていきました。

f:id:sanpogarden:20160201190045j:plain

次は道路の西側にまわって、大阪国際女子マラソンフルマラソン)を観戦

野口みずきさんがハーフマラソンで通り過ぎてから、陸橋を渡って道路の西側に周り、今度は大阪国際女子マラソンフルマラソン)を観戦です。

数十分静かな時が続き、みなさんお弁当を食べたりスマホで速報を確認したり、それぞれ忙しい。この場所はそんなに混んでいなくて、一人ずつ充分な場所と間隔を確保できました。

上空は飛行機が通過。大阪空港(伊丹空港)へ着陸する飛行機が丁度通るコースなんです。もう車輪が出ています。あと数分で着陸しそう。

f:id:sanpogarden:20160201190759j:plain

13時を回って少しすると、テレビ中継車がやって来ました。逆光ですみません!

f:id:sanpogarden:20160201191035j:plain

速報で確認していたのは、福士さんと重友さんが第一集団にいるらしいということ。

f:id:sanpogarden:20160201191205j:plain

第一集団が来た!

f:id:sanpogarden:20160201191443j:plain

右端が福士さんです。福士さんの足どりは軽く、飛ぶように走っていきました。

福士さんの後姿を見送って、

あれ?重友さんがいない?と気付いたところで、重友さんが追いかける後姿を見かけました。

第一集団から10~20mぐらい後です。

公園内で次も観るつもりが、ゴールが気になって長居スタジアムへGO

このまま大阪城公園に留まって30km手前で観戦する予定だったのですが、移動しても長居スタジアムでのゴールに充分間に合いそう。

というわけで、JRに乗って長居へ移動!

JR大阪城公園→JR天王寺(環状線)→天王寺で乗り換えてJR阪和線鶴ヶ丘のコースです。

途中、天王寺からの乗り換えで電車がなかなか出発しない感はあったものの、ゴールには充分間に合いました。13時50分頃には長居スタジアムに到着です。

電車は意外と空いていて(少し立っている人がいる程度)同じコースで移動する人達がいたので、その列についていけば鶴ヶ丘から長居スタジアムへはスムーズに移動できました。

…とそこで、ハーフマラソンの女子表彰式が行われていました。さっき、大阪城公園前を走っていた伊藤さんや野口さんは、もう表彰台に立ってニコニコ笑顔。不思議なかんじがします。(伊藤舞優勝・野口みずき6位)

www.nikkansports.com

野口さんは3月の名古屋にエントリーするとのことで、応援します!

www.hochi.co.jp

f:id:sanpogarden:20160201192454j:plain

ハーフマラソンを終えて、続々ゴールする選手たちと取材の人達。今までTVで観戦していたので知らなかったのですが、フルマラソンの選手が帰ってくる直前(15分前頃

)までハーフマラソンの選手たちがゴールしていて、ゴール付近はごった返していました。

福士加代子がトップでゴール!リオ五輪出場へ近づいた瞬間

長居スタジアムでは、随時レース展開についてのアナウンスがあり、時々大画面にTV中継の放送がそのまま流れるといったかんじで、情報も随時入ってきました。

福士さんが単独で走っている様子が映っていて、いよいよ来るんだとスタジアムに緊張感が漂いました。

f:id:sanpogarden:20160201193010j:plain

来ました!看板の文字「Nitto」の下にいるのが、スタジアムに入ってきた福士さん。

f:id:sanpogarden:20160201193123j:plain

会場もいっきに、わー!っと沸いて応援する声が響きました。

f:id:sanpogarden:20160201193306j:plain

TV中継の解説もこの時点では流れていなくて、後ろで走っている男性が誰なのかこの時はわかりませんでした。

監督だったのか!

f:id:sanpogarden:20160201193525j:plain

8年越しの夢を叶えたゴールの瞬間

f:id:sanpogarden:20160201193629j:plain

おめでとう!

大会記録 今大会の記録 | 第35回 大阪国際女子マラソン 公式ホームページ

優勝インタビューの間にも選手が続々ゴール

f:id:sanpogarden:20160201193739j:plain

福士さんの優勝インタビューの間にも、後続の選手が続々ゴール。

重友さんはレース前の調子は良かったようですが、ペースメーカーが思ったより速くてマイペースに戻したところ先頭から離れたようでした。天満屋の応援団も沢山駆けつけていました。

2012年に優勝した大阪国際女子マラソンでのインタビューで、自分のことを語る前に「天満屋をよろしくお願いします。」と言ったのが印象的で、ずっと応援しています。

福士さんおめでとう!オリンピック(リオ五輪)での活躍を期待

f:id:sanpogarden:20160201194420j:plain

今日(2月1日)の関西のニュース番組(ワンダー)に福士さん生出演。

途中VTRで、2008年の大阪国際女子マラソンでふらふらになりながらゴールする福士さんの映像が流れて、福士さんはそれを笑顔で観ていました。

あれから8年、あきらめずにコツコツ努力してたんだなぁ。

「爆走娘」というニックネームもあったりしていつも明るいイメージですが、マラソンでは大変なことの方が多かった印象です。

リオ五輪ではメダル&笑顔が見られるといいな。

ワンダーでの福士さんのコメントは「(目標”金メダル”のパネルを掲げながら)できなかったらごめんね。でもがんばる!」

選手たちを身近に感じて、さらに応援したくなった一日でした。

sanpogarden.hatenablog.com

iPS細胞を発見した山中伸弥教授は2月の京都マラソンに出走予定。

川内優輝選手は3月のびわ湖マラソンに一般参加で出走予定で再度オリンピックにチャレンジの予定だそうです。

 スポーツ・話題の関連記事

sanpogarden.hatenablog.com

大阪・関西旅行・観光の記事

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

Copyright © さんぽガーデン(さんこ)all rights reserved.