読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ネタバレあり】感想・「ダウントンアビー」シーズン4第8話「胸騒ぎ」

スポンサードリンク

NHKで放送されている「ダウントン・アビー4」。まだ途中なのですが、感想を書きたい!というわけで、3月6日放送の第8話「胸騒ぎ」の感想です。 (本日は「ネタバレあり」ですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。)

【↓ご注意ください:以下ネタバレありです↓】

「ダウントン・アビー」シーズン4第8話「胸騒ぎ」感想

1)デイジー&アルフレッド:デイジー良く言った!パットモアさんとメイソンさんの優しさ光る

今回は、イーディスがスイスに行く件や、ベイツさんまさか!?の件など盛り沢山でしたが、一番印象に残ったのがデイジー&アルフレッドの別れ

パットモアさんがデイジーに休みをあげた優しさも光りましたが、メイソンさん(ウィリアムの父親)がデイジーに「(アルフレッドと)会った方が良い」という優しさが素敵でした。お互いに恨みやしこりを残さないことの大切さがわかるのは、メイソンさんが年を重ねていて人生経験が豊富だからこそですよね。

本当は、デイジーが農場に来てくれて嬉しいけれど、悩みを聞いて「会った方が良い」とデイジーをダウントンに送り出せるメイソンさんにジーンと来ました。元々は息子(ウィリアム)が好きだった人(デイジー)にそう言えるなんてメイソンさん、やっぱり素敵。

デイジーが「これからも友達」「応援している」と言ったところが、この話のハイライト。アルフレッドもダウントンに来るのはこれが最後だと話しており、二度と合わないとわかっているからこそ「これからも」の部分が切ないですね。

パットモアさんが「自分の娘だったらと思うと、本当に誇りに思う。」と言った強い優しさも好きでした。パットモアさんは、デイジーに厳しい時もあるけれど、ただ先輩・上司なのではなくて、デイジーのことを家族のように思っている一面もあります。

2)イーディス・スイスへ?バイオレット様の対応に期待

ロザムンドがイーディスをスイスに連れて行こうとしている件です。バイオレットがイーディスの秘密に気付き、スイス行の費用は全て自分が持つとオファーしました。 でも、この後もただこれだけでは済まなさそうな予感。何かあったらバイオレットがさらに対応するのかどうなのか、このスイス行きはこれからが気になる展開になりそうです。

それにしても、コーラ、気付かなさすぎでは!?コーラがいつも重大な問題に気付かない度にハラハラしてしまうのは私だけでしょうか。

3)ベイツさん、またアンナを心配させる

ベイツさん…先週の予告で予感はしていたものの、グリーン氏に手を下した予感がしますよね。今のところ、グリーン氏は「大勢の人の前でバスにひかれた」ということになっていますが、ベイツさんがまたまたアンナに心配をかけそうです。

正直なところ「ベイツさん、またか・・・。」と思ってしまいました!

アンナはそこまで無理して黙っておかなくても良いものを、ベイツさんのために黙って我慢していたのに…。今までの刑務所の件でも、アンナは大変でしたよね。その苦労をベイツさんには分かってほしいと思うのでした。

4)メアリーのモテ期

メアリーのモテ期襲来です。話す人全てが虜になってしまうメアリー。私もメアリーはすごく好きなキャラクターなので嬉しいですが、モテモテなメアリーを見ていると「イーディスって一体…。」と思う事もしばしばです。(イーディスにも一度モテ期が来てほしい。)

今回はメアリーのファッションがとても素敵でした。ロングカーディガンにテロッとしたワンピース。今の時代でも着られそうな衣装でした。ギリンガム卿に「グリーンを解雇して」と頼むレストランの場面にくぎ付け。

一時停止を押して温室のようなレストランをじっくり観察しました。帽子とワンピースのボーダーラインのコーディネートが白いレストランの内装に映えていました。

5)ローズの相手ジャック・ロスの良心に安堵

黒人歌手ジャック・ロス。最初この人物が登場した時から、良い人として描かれると良いなと思っていたのですが、今回ローズと別れることになって彼の良心が描かれていたのが良かったです。

「ローズには幸せになってほしい」と思うからこその別れは、本当の優しさかなと思いました。メアリーが、時代が時代なら応援したというのも本心だったと思います。

ジャック・ロス、メアリー、二人の良い一面が見られたエピソードでした。ローズはいつかこの二人の優しさに気付くでしょうか。

7)トーマス:もう少しどうにかならないかな…

このところ気になるのがトーマスの人物像。一時期はシビルが亡くなった時は号泣したり、意外と良い面もあるように描かれていました。でも、最近は以前のトーマスに戻ってしまって、また何かを企んでいる人物として描かれています。

ダウントン・アビーは大好きなドラマですが、唯一気になるのがトーマスの扱いです。もう少し、トーマスの良い面を描いても良いのではないかと思います。

それはシーズン3まで登場していたオブライエンさんにも感じました。彼女は結局ダウントンのドラマを降板しましたよね。

www.dailymail.co.uk

インタビューでは降板理由について「シーズン3までしか契約していなかったから」「これ以上やりたいとは思えなかったから」としか述べていないのですが、悪役すぎてストレスになったから降板したと言われています。

トーマスについても、何とか良い部分も描いてほしいです。嫌われキャラをそのままで終わらせてほしくないです。

まとめ

今回はデイジーの件が一番印象的でした。ここのところ、アイビーに怒ってばかりだったデイジーが、良い選択をしたなと思います。周りの大人たちが優しく導いたのも良かったですよね。

Amazonプライムビデオで「ダウントン・アビー」シーズン1-4が見放題!無料お試し体験実施中

★「ダウントン・アビー」シーズン1~4はAmazonプライムビデオで見放題となっています。

【公式サイト】⇒「ダウントン・アビー」が見放題のAmazonプライム30日間無料お試し体験の詳細を見てみる

おすすめ記事

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

Copyright © さんぽガーデン(さんこ)all rights reserved.