読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【海外の反応とニュース報道】リオ五輪/陸上男子400mリレー日本が銀メダル!ボルト3冠アメリカ失格カナダ銅メダルのレースとニュース日本語翻訳まとめ【4×100mリレー】

スポンサードリンク

日本時間8月20日朝10時40分過ぎ(リオ現地8月19日夜)から行われたリオ五輪陸上男子400mリレーで遂に遂に日本が銀メダルを獲得!

アジア記録を更新した先日の予選後、ケンブリッジ飛鳥選手が「まだまだ余裕があった」と話していたので期待していたのですが、予想以上にすごかったですよね。

最後は「わー!ボルトと並走してる~~行け~!」と大興奮でした。

ボルト率いるジャマイカに次いで技術での銀メダル!素晴らしすぎます。

ウサイン・ボルト選手が最後のオリンピックと語った今回のリオ五輪での最後のレースということで、優勝したジャマイカに注目が集まったのはもちろん、日本チームも海外マスコミから沢山取材されていました。

海外でのニュース報道や反応(ツイート)を早速調べてみました。ケンブリッジ飛鳥選手の特集記事もありましたよ!日本語に翻訳してまとめました。では早速いってみましょう。

【この記事のもくじ】

USA TODAY「日本チームは技術的に完璧だった」

www.usatoday.com

USA TODAYの記事のタイトルは、アメリカなだけあって「最新ニュース:ボルト3冠達成、アメリカ男子はリレーで失格」でした。

ジャマイカの記録が37.27秒であったこと、アメリカが失格になってカナダが繰り上がりで銅メダルを獲得したことなどを伝えています。

その中に、ありました!日本の銀メダルのニュースが。

「日本は37.60秒で銀メダルを獲得。ケンブリッジ飛鳥がアメリカのトレイボン・ブロメルを0.02秒の差で抑える。」

Japan took silver in 37.60, with Aska Cambridge holding off American Trayvon Bromell by 0.02.

「日本チームは技術的に完璧で、最後のバトンパスに入る時は先行していた。しかし、ボルトがこれまでのレースと同じように引き離した。このレースでの走りが、ボルトのオリンピックでの最後の走りとなる可能性が高い。」

The Japanese team was technically flawless and had the lead going into the last baton change, but Bolt pulled away, as he has done so often, in what is most likely to be his last run at the Olympics.

日本のバトンパスの技術が完璧だったという言葉が嬉しいですよね。

Getty Imagesに世界中の記者が撮った素晴らしい写真の数々がある!

ブログに入れる画像でいつもお世話になっているGetty Images。世界中の記者が撮った写真が沢山アップされています。

まずは、「relay men japan」で検索。それだけでも、どどーっと素晴らしい写真の数々が出てきます。違う言葉で検索すればまだまだ写真が沢山ありそうです。

ゴールの瞬間!

日本チームはジャマイカの隣のコースで走ることができたので、さらに記録が加速したのかもしれません。銀メダル&アジア新記録おめでとう!

桐生祥秀選手がケンブリッジ飛鳥選手に応援の言葉を叫んでいました。ここのバトンパスの後をもう一度見たい!

APのケンブリッジ選手特集記事「ジャマイカがリレーで金メダル。そしてジャマイカ生まれのスプリンターが日本チームの銀メダル獲得に貢献」

summergames.ap.org

このニュース記事ではケンブリッジ飛鳥選手のことがメインで取り上げられています。これってすごいことなのでは…!!

「4×100mリレーでフィニッシュラインを最初に通過した男はジャマイカ生まれだった。二番目に通過した男も。」

The first man across the finish line in the 4x100-meter relay was born in Jamaica.So was the second man across the line.

という切り口でスタートしているこちらの記事。

ケンブリッジ飛鳥選手が最近ジャマイカでジャマイカチームと共にトレーニングしたこと(筋トレの話)、ジャパンタイムズへのインタビューで語ったことを伝えています。

「最初はリフティングウェイトをほとんど持ち上げることができませんでした。そして自分にはもっとパワーが必要なことに気付いて、日本に戻ってからトレーニングを始めました。」

"I could barely keep up lifting weights at the beginning,hen I realized I needed more power and started working on it after I came back to Japan."

レース後のインタビューではこのように語っています。

「本当に本当に素晴らしかったです。ここにいられることが本当に良かったです。」

"It was really, really fantastic,And it's just so nice to be part of it."

f:id:sanpogarden:20160714175637j:plain

イギリス/テレグラフ誌:「日本にとって素晴らしい夜」ケンブリッジ選手のコメントとボルト選手が日本のバトンパスを称えるコメントを採用

www.telegraph.co.uk

時系列で随時追加されているこちらの記事の5:15amのところで「日本にとって素晴らしい夜となった」(A superb night for Japan)というタイトルで日本チームのことが紹介されています。

先程のAPの記事でもご紹介したケンブリッジ選手のコメントに追加して、テレグラフではこのようなインタビューコメントも紹介されています。

「私にはジャマイカの血が流れているかもしれませんが、私は日本で育ち、日本でトレーニングしてきました。日本のボルトとも呼ばれますが、そうなるためにはもっと速くならなくては。」

I may have Jamaican blood but I was brought up in Japan, and trained in Japan. I am called Japanese Bolt, but I need to be quicker to be called that.

そして、ボルト選手のコメントも紹介されています。

「ここ何年も彼ら(日本チーム)は存在感を示してきた。彼らのバトンパスはいつだってスムーズなんだよ。」

They've shown over the years they can be reckoned with. The baton change is always smooth for them.

ボルト選手、日本チームについてもポジティブなコメントを残しています。やっぱり日本チームのバトンパスの技術は素晴らしいものなんですね。

ボルト選手の公式Instagramはこちらです。

www.instagram.com

海外のツイートの反応は?

アメリカンフットボールのチャド・ジョンソン氏。

「ジャマイカを讃える!しかし、その2倍の賞賛と尊敬を日本の4×100mリレーチームに。」

ジャマイカとアメリカの一騎打ちになると思われていたところへ、日本チームの技術での銀メダル獲得に驚いた様子。日本チームが銀メダルを獲得することがいかに難しいことか、スポーツ選手ならではの理解があり、尊敬の念を抱いたようです。

「オーマイガー!ファイナリストがいない日本が400mリレーで銀メダル獲得。日本チームはチームワークの大切さを証明したね。おめでとう。」

海外のツイートを検索すると、日本チームの技術の高さを賞賛するツイートと、ジャマイカの方々が日本の銀メダル獲得を喜んでくれているツイートが多かったです。

まとめ

今朝の4×100mリレーは本当に歴史的なレースでした!何度も何度も見てしまいます。

世界的にはジャマイカチームとボルト選手に注目しているのはもちろんなのですが、日本チームの技術の素晴らしさに気付いた方も沢山いたのが嬉しかったです。

表彰式は後で行われるので、またインタビューやニュース記事が出そうですよね。

8月30日追記【どれが本物?】リレーで銀メダル獲得時のバトンがオークションに出品された!

昨日から問題になっているニュースですが、サンスポによるとリレーの日本選手達が持ち帰って陸連が持っているバトンが本物(レースで使用したバトン)らしいです。

www.sanspo.com

そして、リオ五輪公式オークションに出品されているものは予備なんだとか。ほっとしたような気もしつつ、オークションで買う人が気の毒なような…。偽物ではないですが試合で使ったものではないんですよね。

朝、オークションをチェックした時には日本人らしいハンドルネームで入札している人達が何人かいました。

錦織圭選手とイギリスのマレー選手が対戦した時のテニスボールもオークションに出品されています。これも予備のボールなんでしょうか。

www.leilaooficial.rio2016.com

一応本物と証明するギャランティーカードもセットになっていますが謎は深まるばかりです。

おすすめ記事

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

Copyright © さんぽガーデン(さんこ)all rights reserved.