超簡単で便利!Amazon「Dash Button」を使った感想。使い方と設定方法(作業手順)、メリット・デメリットも画像ありで詳しく紹介【Amazonプライム】

スポンサードリンク

Amazonから日用品がボタンワンプッシュで注文できる「Dash Button」が日本でも新発売になったと聞いて、早速ボタンを購入して使ってみました!

f:id:sanpogarden:20161207195110j:plain

Dash Button本体は500円ながらも初回購入時から500円割り引かれるので実質無料。スマホアプリでの設定は3分もあればすぐできて、簡単でした。後はボタンを1回、ポチッとするだけで注文できて24時間以内に商品が届きました。これは便利。

今回は、Dash Buttonを使った感想と共に、Wi-fiを使ってAmazonショッピングアプリでDash Buttonを設定する方法と使い方を、作業手順の画像を交えながらご紹介したいと思います。

【公式サイト】⇒Dash Buttonが使えるAmazonプライム30日間無料お試し体験の詳細を見てみる

【Dash Buttonとは】実質無料で購入できる日用品注文ボタン。好きな場所に貼り付けて、ボタンワンプッシュで商品を注文できる

f:id:sanpogarden:20161207195216j:plain

まず、「Dash Buttonって何?どこが便利なの?」という話なのですが、ボタンをポチッとワンプッシュするだけでいつも愛用している日用品をAmazonで注文することができるんです。

Dash ButtonはAmazonプライム会員限定で利用することができます。

【公式サイト】⇒Dash Buttonが使えるAmazonプライム30日間無料お試し体験の詳細を見てみる

sanpogarden.hatenablog.com

最初は、愛用品のDash Buttonを500円で購入します。今回は洗剤「アリエール」のDash Buttonを選んで購入しました。

「え…ボタンだけで500円って高くない?」

と思ってしまったのですが、そこは大丈夫。商品(今回なら洗剤「アリエール」)を初回注文する時に500円割引されるので、実質無料でした。

「本当に初回注文で500円割り引きしてくれるのかな~」と若干疑いながらもボタン購入。

発売日の次の日には家に届きました。早い!

f:id:sanpogarden:20161207195319j:plain

最初の設定では重複注文されないようになっている

Dash Buttonを買う前に心配な点として「注文した後に他の人が何回もボタンを押したら沢山商品が届いて困るんじゃない?」ということなのですが、これも大丈夫。

最初の設定では、商品の注文から商品が届くまでの間、重複注文されないようになっています。(ロックを外すこともできます。)

f:id:sanpogarden:20161207210016p:plain

万が一、間違えて重複注文してしまったとしても、注文後にプッシュ通知が届くので30分以内ならキャンセル可能です。

【価格変動があったら?】10%以上の価格上昇があればプッシュ通知でお知らせが届く

ボタンワンプッシュで注文できるとは言っても、価格変動があった時には知りたいですよね。10%以上の価格上昇があった場合はプッシュ通知でお知らせが届くとのことです。

【Dash Button設定方法手順①】準備するものは3つ:Dash Button、スマホ、Wi-fiのパスワード

f:id:sanpogarden:20161207195635j:plain

Dash ButtonはボタンとスマホのAmazonショッピングアプリを連動させて設定して初めて、ボタンワンプッシュで商品の注文ができるようになります。

Dash ButtonはAmazonプライム限定の特典サービスなので、まずはAmazonプライムに入会します。(初めての方は30日間無料お試し体験することができます。)

【公式サイト】⇒Dash Buttonが使えるAmazonプライム30日間無料お試し体験の詳細を見てみる

設定前に準備するものは以下の3点です。

①注文したい商品のDash Button (今回は洗剤「アリエール」のDash Buttonを購入)
②スマホ(Amazon公式のショッピングアプリ=無料)
③Wi-fiのパスワード

【Dash Button設定方法手順②】Amazonショッピングアプリ側の設定方法(手順)

Amazonのショッピングアプリを起動して、「メニュー」をタップします。

「アカウントサービス」をタップします。

f:id:sanpogarden:20161207195817p:plain

画面を下にスクロールして「Dash 端末」より「新しい端末をセットアップ」を選択してタップします。

f:id:sanpogarden:20161207195939p:plain

位置情報使用の許可のため「OK」をタップします。

f:id:sanpogarden:20161207200050p:plain

「同意して開始」をタップします。

f:id:sanpogarden:20161207200149p:plain

Dash Button本体を6秒間長押しするとブルーのライトが点滅します。ブルーのライトが点滅している間にWi-Fiと「接続」をタップします。

f:id:sanpogarden:20161207200652j:plain

Bluetoothの有効を「許可」します。

f:id:sanpogarden:20161207201215p:plain

使用中のWi-fiのパスワードを入力します。(家のパソコンのWi-fiを使う場合は契約しているプロバイダから提供されている”WEPキー”を使います。)

f:id:sanpogarden:20161207201724p:plain

【Dash Button設定方法手順③】注文したい商品とDash Buttonを紐付ける(商品を選ぶ)

今回は洗剤「アリエール」のDash Buttonを利用することにしたのですが、一口に「アリエール」と言っても色々な商品がありますよね。Amazonでは商品ごとに商品が複数セットになった商品もあるので、どの商品とDash Buttonを紐付けるかを選択して設定します。

f:id:sanpogarden:20161207202155p:plain

今回は、「アリエール」の液体洗剤の中から、1.35kgの袋詰の詰め替え洗剤が2個セットになったこちらの商品を選びました。

f:id:sanpogarden:20161207202255p:plain

ここまでで、Dash Buttonの設定が完了しました!後はボタンを押して注文するだけです。

f:id:sanpogarden:20161207202403p:plain

★注文する商品は「アカウントサービス」の「Dash端末」「端末を管理」からいつでも変更可能です。

f:id:sanpogarden:20161207203012p:plain

同封の説明書に記載されていない使い方詳細は「ヘルプとよくある質問」に詳しく記載されていますので、注文前にチェックしておくのがおすすめです。

【豆知識】支払い方法の設定変更は「1-Click設定の変更」から行う

支払い方法は「1-Click」注文で設定している方法が自動で選択されていました。

支払い方法を変更するには、「アカウント設定」から「1-Click設定の変更」を選択して、希望の支払い方法を選びます。クレジットカードの変更も可能です。

【公式サイト】⇒Dash Buttonが使えるAmazonプライム30日間無料お試し体験の詳細を見てみる

設定できたら早速注文!ボタンを短くポチッとワンプッシュ。緑のライトがついたら無事注文OK:注文完了すればプッシュ通知でお知らせが届く

Dash Buttonの設定が無事完了したら、早速商品を注文します。

f:id:sanpogarden:20161207202535j:plain

ボタンを一瞬だけ短くポチッと押します。グリーンのライトが点いたら無事注文できたという印です。(赤いランプがついた時はエラーです。)

無事商品が注文できたらプッシュ通知でお知らせが届きます。(この時点では商品注文のキャンセルも可能です。)

f:id:sanpogarden:20161207203205p:plain

詳細も確認することができました。

f:id:sanpogarden:20161207203322p:plain

【豆知識】何度注文しても赤いランプがついてエラーになる場合の対処方法:ボタンを長押しするとWi-fi設定モードになるので要注意

実は、初めて注文する時にボタンを長押ししてしまい、Dash Buttonを最初のWi-fi設定モードに戻してしまいました。そこからは何度ボタンを押しても赤いランプが点灯してしまいエラー表示となってしまいました。

注文するときのポイントとして、ボタンは短くサッと押すことが大事なようです。

何度押しても注文できなかったので、一度Dash Buttonをアプリから外して設定をやり直しました。私と同じように、赤いランプ点滅でエラー表示となり上手く注文できなかった場合は、Dash Buttonの設定やり直しがおすすめです。

【Dash Buttonをアプリから外す手順(エラー表示で注文できない場合のみ)】

「メニュー」→「アカウントサービス」→「Dash 端末」→「端末を管理」から現在注文設定している商品を選び、次の画面下の「このDash Buttonを無効にする」をタップします。

f:id:sanpogarden:20161207203928p:plain

後は、この記事の最初でご紹介したようにもう一度Dash Buttonを設定し直すと、注文できるようになります。

注文から24時間以内に「アリエール」のセットが到着!初回は500円割引されていてホッ。送料無料適用。

2016年12月6日夜中にDash Buttonをポチッとしてアリエールを注文したところ、12月7日夕方には商品が到着しました。早い!注文から24時間もたっていません。

f:id:sanpogarden:20161207204110j:plain

設定どおり、アリエールの1.35kg詰替用液体洗剤が2個セットで届きました。

f:id:sanpogarden:20161207204248j:plain

これは便利です。素晴らしい。

そして、500円の初回割引も適用されていたので、商品価格919円-500円で、今回は419円で商品を購入することができました。

f:id:sanpogarden:20161207204012p:plain

プライム会員特典の「送料無料」も適用されていました。

【公式サイト】⇒Dash Buttonが使えるAmazonプライム30日間無料お試し体験の詳細を見てみる

【どの商品が注文できる?】Dash Buttonで注文できる日用品の商品ラインナップは42種類

現時点でDash Buttonで注文できる商品シリーズは42種類で、以下のとおりです。これからどんどん追加されそうですよね。

アリエール、レノア、h&s、パンテーン、ファブリーズ、ウィルキンソン、アタック、サントリー天然水、フルグラ、Happy Belly、ネスカフェ、ムーニー、エリエール、ジレット、リステリン、オーラルB、専科、evian、トップスーパーナノックス、ジョイ、ハミング、キュキュット、ブラウン、オールフリー、パーフェクトフリー、UNO、シックハイドロ、システマ、消臭力、プレミアムレッド、シーブリーズ、TSUBAKI、ソフラン、フィニッシュ、ラックス(LUX)、毎日一杯の青汁、エージーで尾24、ピュリナワン、ライフリー、シーバ、カテキン緑茶、マシェリ。

【まとめ】Dash Buttonを実際に使ってわかったメリット・デメリットの感想:メリットの方が圧倒的に大きくて便利。保管場所を確保すれば買いの一択。定期おトク便より使い勝手が良いかも。

f:id:sanpogarden:20161207202535j:plain

今回、Dash Buttonを実際に使ってみて設定も注文も簡単で驚きました。買い忘れを防ぐことができるのと、商品を沢山買い置きしておかなくても時短で1秒で注文できるのはメリットが大きいと感じています。

デメリットを挙げるとすると、箱に同封されていた説明書が簡素だったので、最初の注文の時にインジゲーター(ランプ表示)の違いを把握していなくて、設定がやり直しになってしまったことでしょうか。これは、アプリ内の説明(「ヘルプとよくある質問」)を注文前に読んでいれば防ぐことができたと思います。

また、CMでは洗濯機やパントリーにDash Buttonを貼り付けているのですが、小さなお子さんがボタンを触って押してしまう可能性があるので、別の場所に保管しておいたほうが良さそうです。

私は引き出しの中に入れておこうかなと思っています。薄い箱に入れたり、壁の高いところにつけておくのも良いかもしれません。

保管場所が確保できればDash Buttonはとても便利。実質無料なのでAmazonプライム会員の方は買いだと思います。

また、定期おトク便との違いは、定期的に商品が届くわけではないので商品が必要ない時にキャンセルなどの設定変更をしなくて良いところです。私は毎月のように定期おトク便の設定を変更したりしていたので、Dash Buttonで自分が欲しい時に商品を注文できるのはとても使いやすいと感じました。

ちなみに、何年か経過してDash Button本体のバッテリーが切れた場合は、交換してもらえるそうです。Amazonの新しいサービスが面白く充実してきているので、どんどん活用して日常生活を楽しみたいですね。

【公式サイト】⇒Dash Buttonが使えるAmazonプライム30日間無料お試し体験の詳細を見てみる

おすすめ記事

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

Copyright © さんぽガーデン(さんこ)all rights reserved.