イッテQ登山部2016:イモトのアイガー(スイス・アルプス)登頂の感想:イモトの気持ちの切り替えが爽やか&「天国じじい」貫田宗男さんの歯磨きとダイエット方法(バターコーヒーの作り方)

スポンサードリンク

イッテQの登山部、2016年のチャレンジはスイスのアイガーでした。「危ないよ~」と思いつつもイモトのチャレンジする姿を見たくて、毎年欠かさず視聴しています。 今回のイモトも爽やかでかっこよかった!

途中危ない場面にハラハラヒヤヒヤしながらも、イモトってやっぱり爽やかだなぁと思いながら視聴しました。

貫田宗男さんが面白すぎる「バターコーヒーでダイエットのすすめ」「切り立ったアイガーの岩場で歯磨き」&天国じじいエピソード

貫田さんが面白すぎるんですけど、貫田宗男さんって本当はすごい方なんですよね。エベレストにも2回登頂されていて、植村直己さんを探すためにマッキンリーにも現地入りしたとか。

貫田さんのリラックスしたおおらかさが素敵。なのに「天国じじい」と呼ばれているのはなんだっけ、と思いぐぐってみるとエピソード発見。

2013年10月、「世界の果てまでイッテQ!」マナスル登山企画において、5,700m地点の第一キャンプ地で-5度の気温に震えるスタッフが、テントから顔を出した貫田宗男に話しかけたところ、「(テントの中は)天国だよ天国」と笑顔で発言した。隣のテントの中では、イモトアヤコが寒さに耐えながら寝袋にくるまっていた。スタッフが声を掛けたとき、貫田宗男とスタッフの会話を聞いていたイモトアヤコが泣き笑いしながら「(テントの中もすごく寒いのに)横で...天国だといっている...ジジイがいて...」と悪態をついたところから、『天国じじい』というニックネームが付けられた。

(引用元:貫田宗男 - Wikipedia

ああ、そうでした!この場面、私も見たことを思い出しました。

今回のアイガー登山中の岩が切り立った命がけの場所でもリラックスして歯磨きしていた貫田さん。歯の健康が気になるのだとか…。それにしても、すごすぎる場面でした。

「天国じじい」こと貫田さん流「バターコーヒー」の作り方

f:id:sanpogarden:20161002212445j:plain

アイガーでの登山をスタートする前に、貫田さんが麓の街のカフェでおすすめしていたのが”バターコーヒー”。なんでも1か月で6kgほど痩せた登山部メンバーがいたらしいのです。

【貫田さん流バターコーヒーの作り方】

f:id:sanpogarden:20161002212529j:plain

バターとコーヒーをミキサーでしっかり混ぜます。この時バターはコーヒーに混ざりきった状態なことがポイント。

イモトは「味はクリーミーで美味しい」と言っていましたが、どうなんでしょう?

それにココナッツオイルも入れるとさらに良いらしいです。(ココナッツオイルってあまり美味しくないですが、ココナッツオイルを入れたバターコーヒーの味はどうなんでしょう?気になります。)

そもそもバターコーヒーは本当に流行っているのか気になったので検索してみました。

www.dailymail.co.uk

賛否両論あるみたいですが、ダイエット法として流行っているのは確かなようです。

貫田さん曰く、バターコーヒーを朝に1杯飲んでおけば昼までお腹いっぱいになるんだとか。それってもしかしてバターのカロリーが結構高いということでは…とも思ったのですが、昼まで他に何も食べないなら、やっぱりダイエットになるんでしょうね。

イモトが愚痴る場面が好き

イッテQ登山部で一番好きな場面がイモトが愚痴る場面なんです。登山は好きじゃないとか、なんで登るんだろう、とか愚痴を言いながらも爽やかなんですよね。

裏表がない正直な気持ちだからでしょうか?カラッとした愚痴で、聞いていても全然嫌な気持ちになりません。

イモトの気持ちの切り替えがスーパーサイヤ人並みにすごい

今回は、岩場ばかりで怖いし危ないしさすがにイモトの心も折れかけていて、泣いていたので心配になったのですが…。

ガイドのヨハンさんが先に登り、上で踏だ氷や岩のかけらが落ちてきて顔に当たって痛かったイモト。ブチッと切れて「痛いよ!」と気持ちが切り替わった場面がすごかった。

怖い、体が動かない、という状態から一気に「怒り」モードに入ってガシガシ登り進む姿がかっこ良かったです。

ドラゴンボールで悟空がスーパーサイヤ人に変身する時にシュンシュンいい始める場面がありますが、不思議とあの場面を思い出しました。

”やってやる~”と気持ちが切り替わる。

「怒り」は一般的には”あまり良い感情ではない”とか”表現せずに抑えるべき”とも言われますけど、怒りを行動するパワーに変えられるなら出した方が良いですよね。

怒りをポジティブなパワーに変えるところが、かっこいい。

イモトのトイレの場面も印象的

「登山の時ってトイレはどうするんだろう」とも思っていたのですが、途中でトイレタイムを設けたイモト。「私ってやっぱり強いな」と言っていたんですけど、本当にすごい。

ヨハンさんの「ここでトイレしたヤツは北ルートから登頂したヤツより少ない」という名言もありました。

石崎Dがビールを飲みながら無線に参加する場面で吹き出すも和みキャラ健在

登山部のみんなが命がけの中、一人ヘリコプターからの撮影を終え地上でくつろぐ石崎ディレクター。

ヨハンさんも苦笑していた登山技術でしたが、イモト曰く「蔑む相手だから必要」なんだとか。無線で煽る石崎Dはなんだか腹が立つものの「腹立つなぁ」と直接言えるからやっぱり和みキャラなんですね。

本当はちゃんと仕事しているからこその信頼感ですよね。その場面はあまり映っていなかったですけど…。

まとめ:アイガー登頂した(女優)イモトをこれからも応援

f:id:sanpogarden:20160927175432j:plain

「女優に戻りたい~」なんて言っていたイモトですが、なんだかんだ言って登山は嫌いじゃないんでしょうね。ギリギリのところまでここまでチャレンジできる人ってなかなかいないと思いました。

バラエティとは思えないほど命がけのチャレンジで心配にもなるのですが、今回のアイガーも爽やかでかっこいいイモトでした。来年もどこかに登るのかなぁ。できればもう少し危険じゃないところだといいな、なんて思いました。

今は大好きな安室奈美恵のHEROを聴きながら、もはや次の海外ロケに出ているみたいです。これからも応援しています。

おすすめ記事

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

Copyright © さんぽガーデン(さんこ)all rights reserved.