また売り切れ?メルカリチャンネルの配信でタイムラグがあって商品が買えない時の対策方法

スポンサードリンク

メルカリチャンネルの配信を観ていて「商品が出品された瞬間にタップしたのに売り切れ(SOLD OUT)表示になっていて全然商品が買えない!」と思ったことはありませんか?

f:id:sanpogarden:20170702193319j:plain

そんな時に簡単な対策方法を使うことで、商品が購入しやすくなりますので、ご紹介します。

メルカリチャンネルでタイムラグが発生する理由

メルカリチャンネルでは芸能人やモデルがライブ配信(生配信)して動画でトークしながら商品を出品しています。(最近少しずつ、一般ユーザーでも配信権利をもらってメルカリちゃんねるで配信する人も増えています。)

人気芸能人やモデルのライブ配信は大人気でなかなか商品が購入できないという人も多いようです。

それどころか、芸能人が「出品しました!」と言った瞬間にタップしようとしても、出品された商品自体が表示されないというタイムラグがあり、商品が表示された頃には売り切れ(SOLD OUT)の表示になっていて商品購入のチャンスすらないという声もあります。

そもそもタイムラグが発生してしまう理由は何でしょうか?

理由①人気すぎてメルカリチャンネル自体が混み合ってしまっている

人気芸能人の配信の場合、メルカリチャンネルを同時に観ている人が多くなってしまい、データが処理しきれずにタイムラグが発生してしまう場合がありそうです。

この場合は、なかなか個人で対策することは難しいのですが、タイムラグ発生にはもう一つ理由があります。その場合は、個人でも対策することができますよ。

理由②購入希望者が使っているスマホのネット回線が遅い

タイムラグが発生する2つ目の理由は、メルカリチャンネルを観ている人が契約しているネット回線自体がそもそも遅い、というものです。

例えば、私の場合でしたらスマホは格安スマホの楽天モバイルを使っています。

格安スマホは、普段使うには問題ないのですが、メルカリチャンネルのような「0.01秒差のクリックで買い物できるかどうかが決まってしまう」という早い者勝ちの買い物などの場合、ネット回線が遅いので不利になってしまうんです。

案の定、楽天モバイルの回線でネットに繋いでメルカリチャンネルを観ると、数秒のタイムラグが発生してしまい、購入画面にたどり着いた頃には「売り切れ(SOLD OUT)」の表示になっていました

【簡単に解決できる対策方法】理由②なら高速なネット回線に繋げばメルカリチャンネルでタイムラグは発生しにくくスムーズに購入画面に進める!

契約しているスマホのネット回線が遅い場合は、高速なネット回線に繋ぎ変えることで、メルカリチャンネルでタイムラグが発生しにくくなり、商品を購入しやすくなります

私の場合、家でパソコン用に高速回線を契約しているので、2回目にメルカリチャンネルを観る時は、無線LANを使ってその回線からアクセスしてみました。

すると、使用しているスマホは同じでも、メルカリチャンネルでタイムラグは発生しませんでした。

高速回線を使用すると、配信している人が「出品しました!」と言った瞬間にチャット画面に”○○(商品名)が出品されました”というメッセージが表示されました。画面左下のメルカリマークが「0」から「1」に変わり(この数字はメルカリチャンネルでの出品数を表します)、タップすると商品画面にスムーズにたどり着きました。

購入画面にも進んでみたのですが、こちらも問題なくOKでした!

というわけで、使っているネット回線が遅いという場合は、高速回線につなぐことでタイムラグは発生しにくくなります

家で高速なネット回線を契約していない場合は、カフェやファストフード店など無料Wi-fiが使える場所で、高速なネット回線が使える所からアクセスするという方法もあります。

より高速なネット回線に繋げば、メルカリチャンネルで商品が購入できるチャンスが大きくなると思います。

合わせて読みたい(おすすめ記事)

【手順画像あり】ゆうゆうメルカリ便をローソン(コンビニ)から発送する手順と方法【スマホ操作手順とLoppi端末の使い方を画像ありで詳しく解説】

発送できる?できない?ゆうゆうメルカリ便の取扱郵便局・コンビニ(ローソン)を調べる方法:一部取扱いのない郵便局があるので発送前に調べておくと便利

Copyright © さんぽガーデン(さんこ)all rights reserved.