読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これで売れる!メルカリで出品した商品が売れない理由&困った時に使える8つの対策方法

スポンサードリンク

「メルカリで商品を出品したらすぐ売れた!」という話と同じくらい「メルカリで出品しても全然売れないんだけど…。」という話も聞きますよね。

f:id:sanpogarden:20170101190827j:plain

今回は、メルカリで商品が売れない理由と、対策方法をご紹介します。少し工夫を加えるだけで商品がすぐに売れたりしますので、是非試してみてくださいね。

「メルカリで商品が売れない…」その理由と対策方法

メルカリで商品が売れない時にはいくつかの理由があります。これからご紹介するどれかの理由にあてはまれば、ちょっとした対策をするだけでポンと売れるケースもありますよ。

【出品商品】売れ筋ではない商品を出品している可能性も。過去に売れている商品かどうかを検索でチェックしよう!

まずは、出品している商品をチェックしてみましょう。

商品には頻繁に売れているものと、なかなか売れないものとがあります。今出品している商品がなかなか売れない場合は、似たような商品が実際に売れているのかどうか検索して調べることができます。

商品の名称やメーカー名で検索してから、詳細検索で「売り切れ」に絞ってみると、だいたいの値段の相場やどのくらいの頻度で売れているのかわかるのでおすすめです。

詳しい検索方法はこちらの記事でご紹介していますので是非合わせてどうぞ。

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

【時期・季節】売れる時期ではない商品を出品している可能性も。季節は合っているかどうかチェックしよう!

季節物の商品の場合、売れる時期にはすぐ売れるのに、売れない時期には全く売れないことがあります。

例えば、このブログ記事を書いている現在は1月なのですが、冬に「サンダル」や「サーフィンボード」を売ろうとしても、買いたい人は少ないと思います。

海外に旅行に行こうとしている人には売れる可能性もありますが、欲しい人の数が少ないとメルカリで売る値段も安くなってしまいがちですし、売れるのにも時間がかかってしまいます。

この場合は、少し時期を待ってみて6~7月など、夏になる前に出品すると高く売れますし、すぐに売れやすくなると思います。

sanpogarden.hatenablog.com

【出品画像】写真が暗い・ぼやけている可能性も。画像加工して明るくわかりやすくしよう!

メルカリで買い物する時と言えば、画像をパッと見て「欲しい!」と思うかどうかがカギですよね。

画像が暗かったりぼやけていたり、また背景に余分な物が入っていたりすると、本当は素敵な商品でもそのことが伝わらなくて売れない場合があります。

そういう時は画像加工アプリなどを使って、画像を明るくしたり、コラージュして沢山の画像をはめこんだり、文字を入れたりするなどして「この商品は素敵ですよ!」とアピールできるようにするのがおすすめです。

sanpogarden.hatenablog.com

【タイトル】短すぎる・メーカー名が入っていない場合は、タイトルを工夫してみよう

例えば、コートを売りたいとします。「かわいいコート♪」というタイトルだけだと、どこのメーカーのどんな物なのかわかりにくいですし、検索にもひっかからず埋もれていってしまいます。

そんな時は「GUダウンコート Mサイズ 軽量 未使用」など、商品の特徴をしっかりタイトルに入れましょう。画像を見て「いいな♪」と思った人がクリックして次に目にするのはタイトルなので、タイトルを一目みただけでどんな商品かわかるのが理想ですね。

【送料負担は誰?】「着払い」(購入者負担)で出品していると売れにくい。なるべく「送料込み」(送料無料・出品者負担)で出品しよう!

メルカリで買い物しようと思って、いざ「購入手続きへ」ボタンを押そうとした瞬間「ん?ちょっと待って」となってしまうのが、「送料込み」ではない商品です。

購入希望者にとっては「どの発送方法で」「送料はいくらなのか」がわからないので、「もしかすると合計がすごく高くなるのかも…。」とやめてしまうケースが多いんです。

出品する前に発送方法を決めておいて、「送料込み」にしておくのがおすすめです。

商品が購入された後でも発送方法の変更はできますので(購入者には連絡して伝えると良いですね)、送料分を上乗せした値段に設定して「送料込み」で出品するようにしましょう。

メルカリ公式の「らくらくメルカリ便」なら送料格安で、宛名書き不要で匿名配送を利用することができます。配送中の事故(紛失・破損)があった場合は商品代金が全額補償されますので、「送料込み」「らくらくメルカリ便」に設定しておくと商品が売れやすくなるという人気の発送方法となっています。

sanpogarden.hatenablog.com

【商品説明】短い・説明があやふやだと売れないことも。商品説明で「欲しい!」と思わせよう

商品は素敵なのに売れにくいのが、商品説明が短すぎるケースです。

「ほとんど使ってません。」「詳しくは聞いてください。」など一行だけだと、「もしかしてこの出品者は適当な人なのかな」と購入希望者が不安になってしまい売れにくくなってしまいます。

スマホで商品説明を書くのは面倒なこともありますが、なるべく詳しく記入するだけでもぐっと印象が違ってくるのでおすすめです。

パソコンを持っている人は、パソコンから出品すると、商品説明の記入が高速でできますよ!

sanpogarden.hatenablog.com

【値段】商品の値段が高すぎると売れないことも。相場をチェックして値段を変えてみる

良い商品なのに売れない場合は、他の人より値段を高く設定してしまっていることもあります。先程ご紹介した「詳細検索」を使って、商品を検索してみましょう。

詳細検索で「売り切れ」商品に絞ってみると、同じ商品がいくらで売れたのかがわかります。ほんの少し値段を下げるだけでパッと売れることもありますので、是非試してみてくださいね。

sanpogarden.hatenablog.com

【マイルール】「即購入禁止」「コメント逃げ禁止」「プロフ必読」などのマイルールは怖がられることもあり。優しい印象に書き換えよう。

メルカリでは「マイルール」と呼ばれる独自ルールが沢山あるのですが、マイルールを商品説明欄に沢山書いていると、気難しい出品者に見えて商品が売れにくくなることが多いようです。

「即購入禁止」「買う気のない“いいね!”はやめてください」などのマイルールはメルカリのルール上も推奨されていませんので、書かないほうが良さそうです。

また、「プロフ必読!」という書き方もきつい印象となりますので「コメント歓迎です」などの言い方に換えると優しい印象になります。

sanpogarden.hatenablog.com

まとめ:メルカリで商品が売れない場合は、少し対策と工夫するだけですぐ売れることもあるので、色々試してみよう

今回は、メルカリで商品が売れない理由と対策方法をご紹介しました。

少し工夫を加えるだけですぐに売れたりしますので、もし売れ残っている商品などがあれば、写真を取り直したり、タイトルや商品説明を工夫してみてくださいね。

おすすめ記事

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

メルカリで人気の発送方法(らくらくメルカリ便とその他の発送方法)

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

Copyright © さんぽガーデン(さんこ)all rights reserved.