読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【顔のたるみ/ほうれい線対策の方法】MTGのパオ(PAO)を30秒使ったら表情筋の筋トレ後の筋肉痛が心地良かった【効果は医学論文実証済み】

スポンサードリンク

頬のたるみやほうれい線、二重あごって気になりますよね。年々、顔の下半分に年齢が現れるような…。

私もフェイスラインが気になり始め、ほうれい線や顔のたるみについて研究していたところ、MTGのイベントに参加できるチャンスが巡ってきました。早速、パオ(PAO) の体験をするため大阪へ行ってきました!

f:id:sanpogarden:20160806192209j:plain

MTGと言えば、クリスチアーノ・ロナウド選手のCMでお馴染みSIXPAD や、賀来千香子さんが愛用しているリファ シリーズが大人気です。

MTGのアイテムの中でも特に人気なのが、パオ(PAO)。クリスチアーノ・ロナウド選手が口にくわえてブンブン振るCMがスタートした時「これ何?」と話題になりました。

今月号(2016年9月)の女性向け健康・美容月刊誌「日経ヘルス」でも大きくピックアップされていて、日本中で既に40万個も売れている話題のフィットネス器具です。

f:id:sanpogarden:20160806201641j:plain

▲雑誌「おとなスタイルvol.4」にも掲載されています。

パオ(PAO)は、口にくわえてブンブン振るだけで表情筋のトレーニングになってしまうというなんとも不思議なフィットネス器具なのですが、今回のイベントでパオ(PAO)を体験できるということでワクワクしていました。

実際に使ってみると、「簡単で楽しい!30秒はなかなかきついけど効く~!」と満足感が高かったです。

なんといってもパオ(PAO)を30秒使った後の頬の筋肉の感覚がすごかった!

今回は、実際に私がパオ(PAO)を使ってみた感想(レビュー/口コミ)と共に、どんな人にパオがおすすめなのか、メリット・デメリットなどを交えながら詳しくお伝えしますね。

【詳しくはこちら】MTG パオ(PAO)を公式サイトで詳しく見てみる

【この記事のもくじ】

パオ(PAO)って一体何に使うの?1日1分で表情筋&顔の筋肉が鍛えられるって本当?

f:id:sanpogarden:20160806194158j:plain

クリスチアーノ・ロナウド選手が来日した時にパオ(PAO)の映像が流れ、口にくわえてブンブン振るだけで表情筋のエクササイズになると話題になりましたよね。

私もあの時ロナウド選手のイベント映像を見たのですが「何に使うんだろう?口にくわえて振るだけでエクササイズになるってちょっと怪しくない?」と思っていました。

クリスチアーノ・ロナウド選手が使っていたので男性向けかと思っていたのですが、実は女性に大人気なんです。

パオ(PAO)は、マウスピースを口にくわえて、左右の先にウェイト(重り)がついた羽部分を振ることで、口から頬まわりの顔の筋肉をしっかり使いながら顔の筋トレをすることができるというフィットネス器具です。

顔のたるみ・シワ・ほうれい線対策として顔の筋肉を鍛えることができるという効果が早稲田大学の研究チームによって実証されています。

f:id:sanpogarden:20160806203644j:plain

トレーニング時間は朝と夜1回ずつ(1日合計2回)で各30秒。(1日合計1分)

少鎖骨筋・頬筋肉・口輪筋・大鎖骨筋・笑筋などの顔の筋肉の筋トレをすることで、口角の上がった爽やかな笑顔を目指すことができるんです。

f:id:sanpogarden:20160806202616j:plain

▲(パオカタログより引用)

口周りにほうれい線ができてそのままにしておくと、ほうれい線に加えて頬のたるみが重なってブルドッグラインと呼ばれる状態になってしまいフェイスラインが崩れてしまいます。

自分では笑っているつもりでも口角が下がっていたりすることがありますよね。私も自分の写真を見てショックを受けたことがあります。

MAXに笑っていたつもりなのにあんまり笑ってない!これはどうにかしたい!

顔のたるみは思った以上に見た目年齢と印象を左右するので、顔もパオ(PAO)で筋トレしてきゅっと引き上げていきたい所ですよね。

パオ(PAO)は重りを変えれば筋トレ強度を調整できる

羽の左右には重り(ウェイト)がついています。

f:id:sanpogarden:20160806194738j:plain

色によって重さが違うんですね。付け替えることで表情筋の筋トレの強度を変えることができます。

f:id:sanpogarden:20160806195303j:plain

ピンクが18g、ブルー(グリーンにも見えますね)が23g、ゴールドが28g。全部試してみたのですが、最初はピンクからのスタートがおすすめかなと思いました。

左右の羽の先にこのウェイトをつけて、パオ(PAO)全体を口周りの筋肉で支えるので5gの違いって結構大きいんですよ。 パオ(PAO)のマウスピース部分にはカバー(マウスピースケース)がついています。これをつけておけば汚れないですし、持ち運びにも便利ですよね。

f:id:sanpogarden:20160806203644j:plain

マウスピースは取り外しできて洗えますので清潔をキープすることができます。古くなったらマウスピースだけ買い替えもできますよ。

ちなみに、カバー(マウスピースケース)も買い換えOKです。部品を無くした時も、必要な部品だけ買い替えできるなら安心ですよね。

MTG パオ(PAO)を公式サイトで詳しく見てみる

【科学的に実証済み】医学論文にも掲載されて学会で効果は実証済み

f:id:sanpogarden:20160807162607j:plain

体験する前は「パオ(PAO)っておもちゃっぽいな~」なんて思っていたのですが、この考えは間違っていました。実は、パオは科学的にも顔の筋肉のトレーニング効果が実証されているフィットネス器具でした!

パオ(PAO)の表情筋トレーニング効果は、医学論文として学会発表されたので科学的にも実証済みなんです。

論文タイトル「PAOによる表情筋トレーニングの効果検証」で医学誌「先端医療と健康美容vol.02」に掲載されています。

私は何か物を使う時に、機能面での根拠やソースがとても気になるタチでして、結構こういうエビデンスはチェックしておきたいタイプなんです。

早稲田大学の宮崎正己教授監修の検証においても、パオが顔の筋肉を鍛えることが証明されています。

サーモグラフィーによるパオ運動前/運動後の検証でも、顔の皮膚表面温度が上昇していることが分かりました。しっかりとした運動になっているからなんですね。

しっかりと医学論文で効果が実証されていると安心して使えますよね。パオの効果についての検証結果について、詳しくは公式サイトでご覧になれますよ。

MTG パオ(PAO)を公式サイトで詳しく見てみる

パオ(PAO)の使い方と上手に使うためのポイント&私の失敗体験談

f:id:sanpogarden:20160807155310j:plain

▲MTGの社員さんのデモンストレーションです。

まずはウェイト(重り)を装着。最初は一番軽いピンクのウェイトを使いました。

実はこのイベントで私はすごく恥ずかしい間違いをしてしまいまして…。最初はマウスピースにカバー(マウスピースケース)がついていることをよく理解していなくて、カバーごとくわえてしまったんですよ。それで、スポッと口から抜けてしまったという…。

ですから、ここでまず書いておきたいのは「マウスピースのカバーを外してから使いましょう」ということです。

(誰も私の間違いに気づいていなかったことを祈ってます。)

①口を「お」の形にひらきます。

②マウスピースのカバーを外したら、マウスピースを口にくわえます。

★ポイント★この時のポイントは「歯でくわえるのではなくて、口を“お”の形に開いて唇だけでマウスピースを支えること」なんです。 ここがちょっと難しいかもしれません。

③首を上下に振り、両端にあるウェイトを上下に揺らします。 f:id:sanpogarden:20160807155626j:plain

★ポイント★首も激しく上下に振るのではなくて、少しだけリズムよく上下させてパオ(PAO)の羽とウェイトを上下に揺らす手助けをするかんじです。

④1回30秒~、1日2回行います。 f:id:sanpogarden:20160807155759j:plain

横から見るとこんなかんじです。首は本当にほんの少し上下させるだけなのですが、パオ(PAO)本体はしなり具合良くブンブーン!と振ることが出来るんです。 f:id:sanpogarden:20160807155942j:plain

男性もいいかんじにトレーニングできますよ。パオでのトレーニング中は頬がきゅっと引き締まっていて、そうやってしっかりと口周りの筋肉でパオを吸うことが使い方のポイントなのだそうです。

f:id:sanpogarden:20160807160644j:plain

【私の感想】30秒でも結構きつい!頬の表情筋を使っている感覚あり

ノリノリの音楽(BGM)ありで、リズムにのりながらパオ(PAO)をブンブン振るのは楽しい!

実は15秒ぐらいから結構きつくて、30秒までの最後の15秒は「きつ~!」と思ってしまいました。

そのぐらい筋トレになるんですよ。ですから、最初に試す時は様子を見るために15秒からスタートするのがいいんじゃないかなぁと思います。

30秒PAOを使い終わった後は、頬がだるいような感覚がありました。

この感覚は初めて!

トレーニング後に頬の重だるさを感じた時に私はワクワクしました。この重だるさこそが、パオが顔の筋肉のトレーニングになっているということですよね。

うーん、すごい。

短時間なのに達成感がある!

ジムなどで体の筋肉の筋トレをすると、筋肉痛になる前に、筋肉が少し重だるいような感覚がありますよね。

あの重だるさの顔バージョンと考えると分かりやすいかなと思います。

筋肉痛みたいな感覚です。

30秒でも頬の筋肉にぐぐっと効いている感覚があったので「これは毎日続けたら顔が上がってくる!」と確信しました。

MTG パオ(PAO)を公式サイトで見てみる

【MTG社員さんのAfter画像】MTGでは毎朝の朝礼でパオ(PAO)を使って表情筋トレーニングしている!

f:id:sanpogarden:20160807160937j:plain

▲パオを毎朝朝礼で使っているMTG社員さん。

このイベントでMTGの社員の方がおっしゃっていたのが「毎朝の朝礼でみんなでパオ(PAO)をやるんですよ。発売になってから毎朝やっていたら顔が引き締まってしゅっとしました。」とのこと。

どうりでデモンストレーションが上手なわけです。

写真に写っている社員さんに、実際にBeforeの社員証を見せていただきました。

Beforeの時は少しふっくらした印象で、Afterの今はしゅっとされていて、元々美人の方ですがさらに美人度が増しています。

それにしても、毎朝みんなで表情筋のトレーニングをするっていいですよね。自然と続けることができます。

一つだけ気になったので聞いてみました。

「朝礼でのパオのトレーニングは音楽をかけながらですよね?」

社員さん「そうです。(笑顔)」

良かった~。しーんとしたオフィスでみんなでパオ(PAO)をしている姿を想像するとちょっとシュールですよね。 一人でやるとしても音楽をかけてノリノリでやるのが楽しいと思います。

【BeforeAfter画像がすごい】公式サイトに掲載されている2か月パオ(PAO)を使った女性の写真は要チェック

女性モニターが2か月パオ(PAO)を使ったBeforeAfter(ビフォーアフター)の顔写真が公式サイトで紹介されているのですが、これを見ると口周りと顎まわりの肉のもたつきがしゅっと細くなっていて、やせて若く見えるのがわかります。

イベントで写真を見せていただいた時には、思わず「わ~!全然違う!若くなってる。」と言葉が漏れました。会場のみなさんも「おぉお。」とどよめいていました。

MTG パオ(PAO)を2か月使ったBeforeAfter写真をを公式サイトで見てみる

パオのメリット・デメリットを詳しく解説

f:id:sanpogarden:20160806203644j:plain

パオ(PAO)を実際に使ってみて、メリットとデメリットに気が付きましたのでシェアさせてください。

①メリット

・時短で表情筋のトレーニングができる(30秒×2回)

・効果が医学論文で実証されている

・準備いらずですぐ使える(電気などを必要としない)

・ウェイトを交換すれば自分の好きな強さに調節することができる

・持ち運びできるので出張・旅行中も使える

・音がしないので早朝や夜中でも音を気にせず使える

②続いてデメリット。

・首を上下に振る動きに少しだけコツが必要

・首や肩を痛めている時には使えない(その場合は治るまでパオは休みましょう)

③デメリットの解決策もあるから安心!

使い方のコツがわからない場合や、首を上下に動かすのが苦手な場合は、膝を少し曲げて膝を上下させると、パオ(PAO)をスムーズな動きにすることができるそうです。

MTG パオ(PAO)を公式サイトで見てみる

パオ(PAO)はこんな方におすすめ&使わないほうがいい方もいる

f:id:sanpogarden:20160807163813j:plain

①パオ(PAO)はこんな方におすすめ

・今までファイスエクササイズやヨガ、エステなど色々試したけど続かなかった

・時間がないけど時短で顔のケアをしたい

・顔のたるみが気になる

・頬がたるんでほうれい線やブルドッグラインができてきた

・口角が下がってきた気がする

・フェイスラインが変わってきた

・顔が大きくなった気がする(顔の筋肉がたるんで二重あごや顎にたるみがある状態)

・小顔・顔やせしたい

・急に顔が老けてきた気がする

・笑顔が爽やかじゃなくなってきた

・表情が乏しくなった気がする

②パオ(PAO)を使わないほうが良い方

・首の筋肉を痛めていて整形外科に通っている

・肩・首を寝違えている

今、首周りを怪我されている方や、整形外科に通っている方は無理しない方が良さそうです。

【安全に使うために】パオ(PAO)を使う時に注意したい5つのこと

私が実際にパオ(PAO)を体験して、注意しておきたいなと思った5つのことがあります。

①パオ(PAO)は1日2回(各30秒)のトレーニングで充分なので、使いすぎないようにする

②ウェイトは軽いもの(ピンク)からスタートして、無理しすぎないようにする

③パオ(PAO)は歯でくわえずに、唇を使ってくわえる

④首の上下はほんの少しの動きでもパオは充分動くので、激しく上下させないようにする

⑤使い終わったらマウスピースを洗って清潔に保つ

特に大事なのが1番と2番で、早く効果を出したいからとついつい長時間&高い負荷(ウェイト)でやってしまいそうになりますが、正しく使って体を大事にしたいですね。

細く長く継続することが爽やかな笑顔への一番の近道だと思うので、使用時間を守って楽しく使いたいですね。

まとめ:時短で確実に顔の筋肉が鍛えられるパオは最強の顔たるみ/ほうれい線対策方法

f:id:sanpogarden:20160806192209j:plain

今回は、1回30秒で表情筋が鍛えられるパオ(PAO)について詳しくお伝えしました。

なんといっても1回30秒なのが魅力的です。今まで顔のリフトアップのために様々なエクササイズやヨガをやっていたのですが、1回10~15分(秒ではありません)かかってしまうので、さぼりがちだったんですよね。

パオ(PAO)1回30秒で時間がない日でも時短で対策できて手軽ですよね。

医学的に証拠(エビデンス)があるのも、根拠が気になる私には嬉しかったです。

私自身も継続して使いたいですし、誰かにプレゼントして一緒に楽しむのも面白いかなと思いました。話が盛り上がりそうですよね。

公式サイトに詳しい情報がありますので、気になった方はこちらからどうぞ。

MTG パオ(PAO)を公式サイトで見てみる

おすすめ記事

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

Copyright © さんぽガーデン(さんこ)all rights reserved.