読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NHK海外ドラマ「戦争と平和」第1回ネタバレあり感想:キャストが豪華!ダウントン・アビーのローズ(リリー・ジェームズ)もマスケティアーズのアトス(トム・バーク)も出演中

スポンサードリンク

大人気となった「マスケティアーズ~パリの四銃士」に続いてスタートしたのが、イギリスBBC oneのミニシリーズ「戦争と平和」。もう最初からキャストに注目しまくりでした。

名門貴族の息子ピエールと、ピエールの親友アンドレイ、ピエールの友人ニコライの活発で可愛い妹ナターシャが中心となりそうな今シリーズ。ナターシャを見た瞬間に「どこかで見たことあるなぁ」なんて思っていたらダウントン・アビーにローズ役で出演していたリリー・ジェームズではないですか。

そして、第1回が終わって次週第2回の予告には、またまた見たことのある俳優が…。「あれ、アトスじゃない?」録画していたので巻き戻してチェックしたら、やっぱりアトスでした。

「戦争と平和」第1回ネタバレあり感想

NHK海外ドラマのこの枠は、毎回歴史物でヨーロッパの歴史や文化、当時の暮らしがよく分かるので大好きです。「戦争と平和」はトルストイ原作の名作で、ロシアのサンクトペテルブルク城がロケ地になっているという豪華撮影なんですね。素晴らしい…!

【あらすじ】1805年、ロシア・サンクトペテルブルクの貴族社会ではナポレオンがロシアに侵攻するのではないかとの懸念が広がっていた。そんな中、大富豪の伯爵の息子ピエールは友人と酒を飲んでは騒ぐ日々を送っていた。しかし、父が危篤との知らせを受け、モスクワへと向かう。一方、ピエールの親友で品行方正なアンドレイは生き方を模索していた。身重の妻を残し、軍人としてフランス軍と戦うことを決意する。

www9.nhk.or.jp

【イギリスBBCone公式サイト】BBC One - War and Peace

ピエール役のポール・ダノは「それでも夜は明ける」にも出演したアメリカ人俳優

まず、ピエール。アメリカ人俳優ポール・ダノ(Paul Dano)が演じています。「初めて見る人だなぁ」なんて思って調べてみたら、「リトル・ミス・サンシャイン」(Little Miss Sunshine)にも出ていたし「それでも夜は明ける」(12 Years a Slave)にも出演していたんですね。

画像をググってみて「あっこの人だったのか!」と思いました。ちょっと髪型が変わるとなかなか分からないものです。

「リトル・ミス・サンシャイン」出演時のポール・ダノの画像一覧

「それでも夜は明ける」に出演時のポール・ダノの画像一覧

「戦争と平和」でのピエールの雰囲気は、ハリー・ポッターやビル・ゲイツにも似てるな~、なんて思ったのですがどうでしょうか。

ポール・ダノがハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフとトークしている写真も見つけましたが並ぶとそんなに似ていないかも…。(ちなみにこのトークは映画「スイス・アーミー・マン」のキャンペーン中、2016年6月にニューヨークで撮影されたものだそう。)

ピエールが伯爵となり物語が動き出す

少し冴えない印象のあったピエールですが、思いがけず伯爵の地位を手に入れて、これから物語がぐんと動き出しそうですね。

早速周りの人の態度も変わり、ピエールの環境が変わったことが伺えました。

ピエールの衣装だけすごく周りの人の雰囲気と違う(貴族に見えない)のですが、これにもきっと意図があるんでしょうね。

アンドレイ(ジェームズ・ノートン)が戦争にかける思いにハラハラ

第1回からアンドレイにはハラハラしました。戦争に行く前からなんとなく怪我しそうな雰囲気が漂っていましたよね。

貴族の宴会に疲れてしまった若者が生きている実感が欲しくなるというのはどの国も一緒だったんですね。

アンドレイ役のジェームス・ノートンのお父さんもエキストラで出演!

左がジェームズのお父さん。ジェームズが出演しているどのドラマにもちょっと出演しているらしいです。最近教師を退職したお父さんはエキストラでの出演が楽しみなのだとか。

「ジェームズのお父さんを探せ!」でドラマを見るのも楽しいかも。Twitterの画像クリックで記事が読めます。ジェームズの家族(お父さん、お母さん、妹)と勢揃いした写真ありでいいかんじです。

ナターシャ役のリリー・ジェームズは今回も天真爛漫で可愛い

重いテーマとなる「戦争と平和」で華やかさと軽やかさを出しているのがナターシャ。ダウントン・アビーのローズ役と同じく、明るく可愛いキャラクターですよね。

そのナターシャがこれからどのように時代の流れの運命に飲み込まれていくのかが見どころになりそう。

上のTwitterで「”戦争と平和”を3つの言葉で表現するとしたら?」と尋ねられたリリーは「(楽しい、辛い、最高(Joyous、 Painful 、Epic)」と答えています。

これから色々あるんだろうなぁ。答える時の表情が可愛いです。

余談:第2回から出演のドーロホフ役トム・バークのWikiページの更新を!

マスケティアーズのアトス役でも大活躍だったトム・バークが来週からはドーロホフとして出演します。アトス…いえ、トムって大人気なんですね。余談なのですが、トム・バークの日本語のWikipediaのページが全然更新されていないのです。もっと情報が充実すると嬉しいなぁ。

トム・バーク - Wikipedia

まとめ:NHK海外ドラマ枠は今回も最高

f:id:sanpogarden:20160927171520j:plain

毎回BBCのドラマを紹介してくれるNHK海外ドラマのこの枠は、今回の「戦争と平和」も面白そうでワクワクしています。

実は「マスケティアーズの次はダウントン・アビーのシーズン5かなぁ」なんて予想していたのですが、「戦争と平和」も面白そうで楽しみです。ロシアとフランスの歴史についても知ることができますし、トルストイ原作のストーリーがどうアレンジされているのか楽しみです。

動画配信サイト「Huluで、これまでにNHK海外ドラマとして放送されたドラマを配信中です。「マスケティアーズ」(20話)、「ダウントン・アビー」(シーズン1~4)、「情熱のシーラ」、「SHERLOCK(シャーロック)」(シーズン1~3、全9話)を視聴することができます。2週間無料視聴キャンペーン実施中!

スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!

おすすめ記事

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

Copyright © さんぽガーデン(さんこ)all rights reserved.