読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国・台湾から発送?Amazonで注文した商品が届かない場合の解決方法まとめと体験談:マーケットプレイス保証は申請回数のチェックがあるので高額商品以外は出品者問い合わせで解決がおすすめ

スポンサードリンク

「Amazonで注文した商品が何週間経ってもなかなか届かないんだけどどうなってるの?」と思うことがありますよね。心配になって、発送情報・出品者の住所・配達状況や経路・配送業者などを確認してみると、中国や台湾など外国から発送されていることもあります。

f:id:sanpogarden:20170125181623j:plain

いつまで経っても届かない場合、Amazonのマーケットプレイス保証を使えばすぐに返金(またはAmazonギフト券での返金)されるとすすめている方も多いのですが、実はAmazonではマーケットプレイス保証の申請件数をかなり厳格にチェックしています。

部品や小物注文などでトラブルが多発しやすいのですが、できることなら出品者に問い合わせて解決できるケースは自力で解決するのがおすすめです。

今回は、私の実際の体験談も交えて、Amazonで注文した荷物が届かない場合の解決方法をまとめました。

ステップ①まずは、荷物の発送された場所と日時を確認。追跡番号があれば配送状況を確認する

Amazonで荷物が何週間も届かないというケースの多くは、発送通知に「お客様の商品はChina Postでお届けします」という記載があります。中国から発送されているんですね。

追跡番号がある場合は、日本郵便の追跡サービス画面に番号を入力すれば、国際郵便の配送状況も確認することができます。

個別番号検索 - 日本郵便

私が今回Amazonで注文した商品はスマホケースです。発送連絡のメールには追跡番号の記載がありませんでしたので次のステップへ進みます。

ステップ②「詳細」でマーケットプレイスの出品者情報を確認する

今回の注文の場合は追跡番号の記載も配送業者の記載もなかったので、出品者情報をチェックします。

Amazonの「アカウントサービス」「注文履歴」より「注文の詳細」を見ます。

商品名と価格の間に「販売:○○○」とマーケットプレイスの業者の屋号が記載されていますので業者の屋号をクリックします。

f:id:sanpogarden:20170125183900p:plain

すると、「詳細」ページに移動します。

画面右端の「特定商取引法に基づく表記」問い合わせ先電話番号、住所、運営責任者名、店舗名を確認することができます。今回は中国の業者だということがわかりました。

f:id:sanpogarden:20170125184829p:plain

その下には購入者からの評価と評価内容が記載されています。

ステップ③出品者に直接メールで問い合わせる

発送通知のメールを受け取ってから2週間経っても商品が届かなかったので出品者に問い合わせることにしました。

先程の、「アカウントサービス」「注文履歴」の注文商品表示の右側に「出品者に連絡する」という黄色いボタンがあります。

f:id:sanpogarden:20170125184944p:plain

「お問い合わせの種類:注文について」までを選択すると、「お問い合わせ内容を選択してください」という項目が出てきます。

f:id:sanpogarden:20170125184207p:plain

どの項目を選んでも良いのですが、今回は「注文した商品はどこ?」と選択します。

「メッセージを入力」という項目ボタンが出てきます。

そちらにメッセージを入力して問い合わせます。

ステップ④出品者に問い合わせるメール内容の例文:発送日時・発送場所・配送業者・追跡番号の確認

出品者に問い合わせる場合のメッセージ内容の例文をご紹介します。

「お世話になっております。○月○日に発送通知のメールを受け取りましたが、その後商品を(○月○日時点で)受け取っておりません。発送された場所と日時、荷物の追跡番号をお知らせください。どうぞよろしくお願いいたします。」

今回は、このように問い合わせたところ、次の日になって「国の祝日があるので○月○日~○月○日まで1週間休みです。これは自動返信メールです。」といった内容の返信メールがありました。

ですが、その祝日より前に返信が届き、自動返信にしては日時にラグがありすぎでしたので「ちょっと怪しいな」と思い始めました。

再度問い合わせる予定にしていたところ、2日後になって「現在通関を通過中です。1週間ほど見込んでください。追跡番号は○○です。よろしくお願いします。」といった内容のメールが届きました。

先程ご紹介した日本郵便のHPに追跡番号を入力してみると、確かに発送されていたのですが、私がメールで問い合わせた後に台湾から発送していたことがわかりました。

おそらく、問い合わせメールを見た後で「発送し忘れていた!」と気付き、あわてて発送した、ということのようです。それならそれで正直に言ってくれれば良かったのですが…。

それでも、Amazonマーケットプレイス保証を利用せずに解決できたことは良かったと思います。というのも、Amazonマーケットプレイス保証は「注文した商品が届かないから、どんどん利用(申請)して返金してもらえばOK」というものではないからです。

【保証利用の注意点】Amazonマーケットプレイス保証を利用すればすぐに返金(またはAmazonギフト券)されるケースが多いものの、利用件数・回数はAmazonが厳しく管理している⇒頻繁に利用しすぎて悪質ユーザーと判断されると損する場合もある

f:id:sanpogarden:20170125184256p:plain

Amazonにはマーケットプレイス保証というものがあり、万が一商品が届かない場合(紛失・商品未着)や、配送中の破損、商品に不備があったのに出品者が返品・返金に応じないケースなどでも、返金保証があります。

申請さえすれば、割とすんなり通って返金されるケースが多いのですが、実はAmazonでは申請件数(回数)や、出品者と購入者のメールのやり取り内容を厳しく管理しています。

f:id:sanpogarden:20170125184344p:plain

Amazonヘビーユーザーで沢山購入する人ほどトラブルに合うケースも多いのですが、マーケットプレイス保証の申請件数が多すぎて悪質ユーザーであると判断された場合は、保証が適応されない場合もありますので、あまり頻繁に利用するのはおすすめではありません。

今回のように、購入者が出品者にメールで問い合わせることで解決できるケースもありますので、マーケットプレイス保証を利用する前に、当事者同士での解決を試みるのがおすすめです。

また、購入者と出品者のメール内容もAmazonが把握していますので、感情的なやり取りにならないように注意が必要です。

以前はAmazonマーケットプレイス保証の利用回数は、1アカウントあたり5回までと制限がありました。また、以前は保証金額上限が低く、購入者にとって厳しかったのですが、現在は金額上限の制限も30万円までとなりました。

このことでマーケットプレイス保証は利用しやすくなったとも言えますが、利用件数やメール内容のチェックなどもありますので、問い合わせて解決できる場合は今回ご紹介した方法で解決するのもおすすめです。

合わせて読みたい

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

Copyright © さんぽガーデン(さんこ)all rights reserved.