キャッシュレス化!スマホ決済アプリどれがおすすめ?PayPay・楽天ペイ・メルペイ全て使ってみてメリットとデメリットを調査する口コミ【QRコード・バーコード決済】

スポンサードリンク

いよいよキャッシュレス化が進み、スマホ決済アプリ(QRコード支払いアプリ)をどれにしようか迷っている方も多いのではないでしょうか。

スマホ決済アプリが沢山ある中から、これからよく使うことになりそうなPayPay・楽天ペイ・メルペイを全て使ってみることにしました。(他にも良いアプリがあれば追加する可能性あり)

2019年5月時点で3つのスマホ決済アプリに絞り、順番に登録していくことにしました。使い心地やメリット・デメリットをこのページで共有していこうと思います。

f:id:sanpogarden:20190606173606j:plain

スマホ決済アプリの選び方:4つのポイントをご紹介!

まずは、スマホ決済アプリを選ぶ時のポイントについてですが、

1)自分がいつも利用している店で使える

2)将来性があり、利用できる店が増えそうかどうか(運営会社の経営体制のチェック)

3)ポイント還元率(現在利用しているクレジットカードや銀行を利用すれば還元率アップなど、アプリによって条件が異なる)

4)利用している人が多いかどうか

PayPay(運営:ソフトバンク系列)おすすめはソフトバンク・Yahoo!会員・Tカードユーザー、それ以外には3%のポイント還元で節約したい人

PayPayの特徴とメリット・デメリット

100億円キャンペーンですっかり有名になったPayPay。ソフトバンクグループが決済を担当しているため、資本金を超特急で増資していてメインのスマホ決済アプリになりそうな可能性大。2019年5月現在の登録者数700万人、460億円の増資が行われました。

ソフトバンクの子会社となったYahoo!のクレジットカードで決済すれば最大19%戻ってくるなど、系列クレジットカードや銀行を利用すればかなりお得に利用できそうです。

Yahoo会員情報を連携させたりTカードとして使うこともできるので、ソフトバンク・Yahoo・Tカードの利用が多い方にメリットが多いのがPayPayです。

PayPayのチャージとお得な割引ポイント還元率

ペイペイは、ソフトバンク系列のYahoo!カード(クレジットカード)と銀行口座での引き落としならポイント還元率3%と超お得です。2019年10月からの消費税10%引き上げへの節約対策としても良いかもしれません。

他社クレジットカード登録の場合は0.5%のポイント還元率です。

PayPayの便利な機能:わりかん(割り勘)

友人や同僚との食事で便利なのが割り勘機能です。現時点でPayPayは居酒屋や飲食店・カフェで使いやすいので、みんなでPayPayを入れておけば使う機会が多くなりそうです。

楽天ペイ(運営:楽天系列)おすすめは楽天ポイント・楽天カード・楽天市場・ラクマのユーザー・ヴィッゼル神戸のファン

楽天ペイの特徴とメリット・デメリット

楽天会員・楽天カードユーザーにとってお得に使えるのが楽天ペイ。楽天カードを支払い用クレジットカードとして登録すればポイントが二重取りできることと、期間限定ポイントが使えるのが最大のメリット。私の場合、楽天カードを登録して、たまったポイントは楽天モバイル(格安スマホの支払い)で使用する予定です。

楽天ポイントカードの表示もできますし、楽天ポイントを使うこともできるので、楽天ポイントを貯めている方・使いたい方にはメリットが大きいと思います。また、楽天が経営しているラクマ(フリマアプリ)の売上金を使うこともできるので、ラクマ圏外のリアル店舗でお金として支払いに使うことができるのはラクマユーザーにとって嬉しいメリットです。

サッカーチームのヴィッセル神戸も楽天が経営していますので、ヴィッセル神戸関連でも割引が多いです。

加盟店も全国120万か所以上ととても多く、使いやすいスマホ決済だと思います。

楽天ペイのチャージとお得な割引ポイント還元率

楽天ペイの還元率は基本0.5%ですが、楽天カードを紐付けると1.5%ポイント還元されますので楽天カードを持っている人にとって超お得です。

また、加盟店限定の10%還元のポイントバックキャンペーンもよく実施されています。

楽天会員限定の割引クーポンや無料クーポン(ミスタードーナツなど)も手に入れやすいので、楽天ポイントカードが使えるお店のクーポンがほしい方にとってもお得だと思います。

【NEW!】楽天ペイなら2019年10月1日~2020年6月の間最大5%のポイント還元!

楽天ペイが経産省の「キャッシュレス・消費者還元事業」に登録完了したため、増税される2019年10月から期間限定で最大5%の還元が受けられることとなりました!他のスマホ決済もそれに続きそうですね。

sanpogarden.hatenablog.com

メルペイ(運営:メルカリ)おすすめはメルカリを使っている人(今後はLINE Payとau Payとも加盟店相互協力あり)

メルペイの特徴とメリット・デメリット

メルカリの売上金・ポイントと銀行口座からのチャージでお店で使えるのが特徴です。なんといってもメルカリの売上金・ポイントがお店で使えるのはメルカリユーザー(会員)にとって大きなメリットではないでしょうか。メルカリのアクティブユーザーが増えていることからも、これからの期待度が大きいスマホ決済だと思います。

また、2019年夏からLINE PayとのQRコード決済サービスで提携することになり、両方のユーザーが双方の加盟店を利用できるようになります。au Pay (au: KDDI)とも協力して加盟店開拓をしていくそうです。

また、2019年6月より、ファッション通販サイトのSHOPLIST(HOPLIST.com by CROOZ)での支払いにメルペイが使えるようになりました。ネットショップでの決済にもメルペイが対応するとなると、かなり便利になりそうです。これから加盟店が増えそうな予感がします。

デメリットは銀行口座からのチャージで、まだ登録できる銀行が少ないことです。大手銀行は一通り網羅されているものの、ゆうちょ銀行やネット銀行にはまだまだ対応していないのが残念。もう一つのデメリットは、クレジットカードからのチャージができないこと。これからできるようになる可能性もあるのですが、クレジットカードを登録したかった私としては新しく銀行口座を作るのは少々面倒かなという印象です。

メルペイのチャージと割引ポイント還元率

メルペイの場合、メルカリ売上金・メルカリポイントの他に銀行口座からのチャージでお店で使うことができます。メルカリ圏内だった売上金やポイントが、リアル店舗で使えるメリットが大きいですよね。

お店で使える割引クーポンの発行(ローソン・ガスト・バーミヤンなど)が多いので、コンビニやファミレスでお得に使うことができそうです。

ポイント還元が(今のところ)ないのが残念。

メルペイをローソンで使ってみた感想:使い方が超簡単で初めてでも戸惑うことなく一瞬で決済できた◎

メルカリポイントが貯まっていたので、早速ローソンで使ってみました。メルカリトップ画面⇒「メルペイ」⇒「コード払い」を選択して、レジの店員さんがバーコードリーダーで読み取るだけで、一瞬で支払い完了!なかなか爽快でした。

ファミマでは「iD払い」を選択する必要があります。メルペイでは通じなかったので「iD払いでお願いします」と言ってください。

sanpogarden.hatenablog.com

他にはどんなスマホアプリ決済(QRコード・バーコード決済)がある?

有名なのがLINE PAY、そして銀行系ではゆうちょPay(ゆうちょ銀行)、J-Coin Pay (みずほ銀行)、通信企業ではd払い(docomo)、au PAY(au)などがあります。銀行系は銀行口座から即時引き落としなので、クレジットカードを間に挟みたくない方におすすめです。デビットカードと同じような使い方をすることができます。

2019年中に各社から沢山スマホ決済アプリが出そうなので、自分に合った長く使えるアプリを見つけていきたいと思います。

合わせて読みたい

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

Copyright © さんぽガーデン(さんこ)all rights reserved.