読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルカリで普通郵便(定形・定形外)発送する方法:配送料金一覧表・他の発送方法との比較・発送場所・メリットとデメリットのまとめ

メルカリガイド メルカリガイド-発送方法
スポンサードリンク

メルカリで最もよく使われている発送方法の一つが普通郵便(定形・定形外)発送です。今回は、普通郵便のサイズ・重さ別料金一覧表、発送場所、メリット・デメリット、他の発送方法との比較(違いのまとめ)について詳しく解説します。

f:id:sanpogarden:20170110195134j:plain

また、「着払い」できる発送方法リスト・「追跡番号」「補償」をつけたい場合の対応方法についてもご紹介しています。

普通郵便の種類は2種類:サイズによって「定形」と「定形外」がある

普通郵便では手紙から大きめの小包まで様々な品物を送ることができますが、サイズによって「定形」と「定形外」に別れています。サイズ・重さ・料金・発送方法をそれぞれ詳しくご説明します。

「定形郵便」と「定形外郵便」で送ることが出来る荷物の最大サイズと重さ

定形郵便物 定形外郵便物
重さ 50g以内 4kg以内
最大サイズ 23.5cm×12cm×厚さ1cmまで 縦×横×厚さ合計90cmまで(一辺の最大60cmまで)

定形郵便物に収まるサイズのものでも、重さが50gを超えるものは定形外郵便物扱いとなります。

【最小サイズについて】

①「定形郵便物」も「定形外郵便物」も、最小サイズは14cm×9cmです。

「定形外郵便物」の場合は①に加えて、円筒形の荷物の場合は14cm×円柱の円の直径3cmが最小サイズです。(円筒形のものとは、ポスター・カレンダー等を入れることができる筒状の荷物です。)

定形郵便の重さ別料金表・発送方法(発送できる場所)・切手について

種類 重さ 料金
定形郵便 25g以内 82円
定形郵便 50g以内 92円

「定形郵便」のサイズは最小で14cm×9cmのものから最大で23.5cm×12cm×厚さ1cmのものまでです。

【定形郵便で送ることができるものの例】

ハガキ、手紙、封筒に入った薄い書類・小物など。

【発送方法(発送できる場所)】

・郵便ポストに投函(切手を貼った後投函)

・コンビニのローソン店内にある郵便ポストに投函(切手を貼った後投函)

・郵便局の窓口に差し出す(窓口で切手代を払う、または家から切手を貼って差し出す) 

【切手を販売している場所】

・コンビニ
・郵便局
・金券ショップ
  ・スーパーのレジやカスタマーサービス(店舗による)

切手が手元に用意できない時は郵便局の窓口で差し出し、現金払いします。

定形外郵便の重さ別料金表・発送方法(発送できる場所)・切手について

サイズは最小で14cm×9cmのものから、縦・横・厚さ(三辺)の合計が90cmのものまでを定形外郵便物として送ることができます。重さは最大で4kg以内です。

【定形外郵便で送ることができる商品の例】

定形サイズに入り切らない物、または定形サイズ内に収まるものでも50gを超える物。(4kg以内)

服・靴・バッグ・アクセサリーなどのアパレル商品、本・CD・DVD・ブルーレイ・雑貨・おもちゃ・インテリア用品・スポーツ用品・ハンドメイド作品・ゲームソフトなど。

定形外郵便の重さ別料金一覧表

種類 重さ 料金
定形外郵便 50g以内 120円
定形外郵便 100g以内 140円
定形外郵便 150g以内 205円
定形外郵便 250g以内 250円
定形外郵便 500g以内 400円
定形外郵便 1kg以内 600円
定形外郵便 2kg以内 870円
定形外郵便 4kg以内 1,180円

【定形外郵便の注意点:着払いができない】

★着払いで荷物を発送することはできません。定形外郵便は全て元払い(発送する人が切手、または窓口での現金払いで送料をあらかじめ支払う)方式です。

「着払い」で発送することができる発送方法については後ほどリストにまとめて詳しくご紹介します。

【定形外郵便を発送方法(発送できる場所)】

・郵便ポストに投函(切手を貼った後)
・コンビニのローソン店内にある郵便ポストに投函(切手を貼った後)
・郵便局の窓口に差し出す(窓口で切手代を払う、または家から切手を貼って差し出す) 

★郵便ポストに入らないサイズのものは、郵便局の窓口で差し出します。

【切手を販売している場所】

・コンビニ
・郵便局
・金券ショップ 
・スーパーのレジやカスタマーサービス(店舗による)

切手が手元に用意できない時は郵便局の窓口で差し出し、現金払いします。

普通郵便(定形・定形外郵便)で発送するメリット・デメリット

メルカリで普通郵便で発送するメリット・デメリットがいくつかあります。

〇できる ×できない 定形・定形外郵便の特徴
メリット 送料が比較的安い
メリット 郵便ポストに入るサイズならポスト投函発送できる
メリット 信書を入れることができる
デメリット 「着払い」できない
デメリット 「追跡番号」がない(対応方法あり⇒○「特定記録」を追加する・後ほど説明)
デメリット 「補償」がない(⇒○「簡易書留」で追加料金を支払うと補償ありにできる・後ほど説明)
デメリット 郵便ポストに入らない荷物は郵便局で差し出す必要がある

追跡番号をつけたい場合は「特定記録」を使う、または他の発送方法にする

このうち、「追跡番号がない」というデメリットについては、送料に160円追加することで「特定記録」扱いで発送記録を残すことができます。

詳しくはこちらのブログ記事にまとめています。

sanpogarden.hatenablog.com

普通郵便(定形・定形外)に補償をつけたい場合は「書留」にする

普通郵便にも補償をつける方法があります。それは「簡易書留」または「書留」にすることです。追加料金によって補償金額が異なりますが、損害賠償の補償をつけることができます。

簡易書留 一般書留
追加料金 +310円 +430円
損害賠償金額 5万円まで 10万円まで

(「書留」で、さらに損害賠償額を増やしたい場合は、5万円ごとに+21円追加します。損害賠償の上限は500万円です。)

★「書留」を利用するとかなり送料が高くなってしまうので、補償ありの方法で発送したい場合は、元々補償がついている「らくらくメルカリ便」や「ゆうパック」「宅急便」などの利用を検討するのも良さそうですね。

sanpogarden.hatenablog.com

「着払い」で発送したい場合は別の発送方法を選ぶ:「着払い」ができる発送方法リスト

普通郵便(定形・定形外)は「着払い」で発送することができませんので、「着払い」で発送したい場合は別の発送方法を選びます。

郵便局からの発送方法なら、「ゆうメール」「ゆうパケット」「ゆうパック」なら「着払い」で発送することができます。

ヤマト運輸からの発送方法なら通常の「宅急便コンパクト」「宅急便」なら「着払い」で発送することができます。

(★格安発送できる”らくらくメルカリ便”の中の「宅急便コンパクト」と「宅急便」は「着払い」で発送することができません。)

着払いができる発送方法リストと、各発送方法の着払い手数料(追加料金)についてはこちらに詳しくまとめてご紹介しています。

sanpogarden.hatenablog.com

定形外郵便とその他の発送方法(サービス)との違いを比較したまとめ(追跡番号・補償・着払い・サイズ上限・重さ上限についての情報と特徴)

・クリックポスト 全国一律164円(税込み) 日本郵便

クリックポストの特徴
追跡番号
着払い
補償
信書の発送
サイズ上限 34cm×25cm×厚さ3.0cm
重さの上限 1kg

YahooIDを持っている人なら誰でも使える日本郵便のサービスです。

配送料金はYahooウォレットに登録しているクレジットカード払いすることができます。
送り状を自分で印刷する必要があります。(家にプリンターが必要)
○自分で用意した封筒などに商品を入れて、印刷した送り状を貼れば、ポスト投函できて便利です。

追跡番号がついていて格安発送できますので、家にプリンターがある場合はYahooID(無料)を作ってYahooウォレットに登録してクリックポストの使い方を覚えておくのがおすすめです。

100gから1kgまでの対応サイズ内の荷物の発送であれば定形外郵便より安くお得に発送することができます。

・スマートレター 全国一律180円 日本郵便

スマートレターの特徴
追跡番号
着払い
補償
信書の発送
サイズ上限 25cm×17cm(専用封筒あり)
重さの上限 1kgまで

 ○信書を送ることができますので、手紙などを同封したい時に便利です。
 ○専用封筒がしっかりした素材なので、扱いやすいです。小物の発送に適しています。
 ○郵便局などで発売されているスマートレター専用封筒に入れて、ポスト投函するだけで発送することができますので簡単・便利です。 

・ゆうメール 全国一律 180円~610円(税込み) 日本郵便

ゆうメールの特徴
追跡番号
着払い 〇(追加料金21円)
補償 X(「書留」にすれば補償ありにできる)
信書の発送
サイズの上限 縦・横・厚さ(三辺)合計170cm以内
重さ上限 3kg以内

〇重さによって送料が異なります。

発送できるものは、印刷物と電磁的記録媒体に限られています。(本・カレンダー・カタログ・パンフレット・CD・DVD・ブルーレイなど)

送料に21円足すと「着払い」で発送することができます。

〇封筒に切り込みを入れると、郵便ポスト投函で発送することができます。(封筒に切り込みを入れたくない場合は、郵便局の窓口で差し出して封をすればOKです。)

レターパックライト 全国一律360円(税込み) 日本郵便

レターパックライトの特徴
追跡番号
着払い
補償
信書の発送
サイズの上限 34cm×24.8cm×厚さ3cm(専用封筒あり)
重さ上限 4kg以内

 ○郵便局やコンビニ・金券ショップなどで販売されているレターパックライト専用の封筒に入れて、ポスト投函するだけで発送できる。専用封筒を家にストックして用意しておくと便利でおすすめです。
 ○手軽なのでメルカリでも特に人気の高い発送方法です。
 △重さ250g以上の荷物であれば定形外郵便より安く発送することができますが、重さ1kg以内の商品であればクリックポスト(164円)で発送した方が安く発送できます。重さ1kgを越えて4kg以内の分厚い本や重い物を送る時に適しています。

sanpogarden.hatenablog.com

・ゆうパケット 全国一律料金250円~350円(税込み)★厚さによって料金が異なる 日本郵便

ゆうパケットの特徴
追跡番号
着払い 〇(追加料金21円)
補償
信書の発送 X
サイズの上限 縦・横・厚さ(三辺)の合計60cm以内 長辺34cm以内 厚さ3cm(専用あて名シールあり)
重さ上限 1kg以内

①厚さ1cmまで:250円
②厚さ2cmまで:300円
③厚さ3cmまで:350円

○「着払い」を利用したい人に人気の発送方法です。ゆうメールでは発送することのできない商品を送る時に適しています。

・ゆうパック 発送先によって料金が異なる

ゆうパックの特徴
追跡番号
着払い
補償
信書の発送 X
サイズの上限 160cmまで
重さ上限 30kg以内

サイズの上限:三辺の大きさ60cmから160cmまで(サイズと発送先地域によって料金が異なる)
重さの上限:30kgまで

らくらくメルカリ便ネコポス 全国一律195円(税込み) ヤマト運輸(メルカリと公式提携した発送方法)

らくらくメルカリ便「ネコポス」の特徴
追跡番号
着払い X(メルカリが対応していないため)
補償
信書の発送 X
サイズの上限 34cm×25cm×3.0cm
重さ上限

○メルカリの「匿名配送」対応OK。
○追跡も補償もついていてメルカリ一押しの発送方法です。
○コンビニ(ファミリーマート・サークルK)、ヤマト運輸の営業所から発送することができます。
✕自宅集荷してもらうことはできません。

sanpogarden.hatenablog.com

らくらくメルカリ便宅急便コンパクト 全国一律380円(税込み)+別売りの専用BOX65円(メルカリと公式提携した発送方法)

らくらくメルカリ便「宅急便コンパクト」
追跡番号
着払い X(メルカリが対応していないため)
補償
信書の発送 X
サイズの上限 2種類の専用BOXのどちらかに入るサイズ専用薄型BOX:24.8cm×34cm または専用BOX:25cm×20cm×5cm)
重さ上限 なし

○メルカリの「匿名配送」対応OKです。 ○追跡も補償もついていて、全国一律格安料金で発送することができます。
○コンビニ(ファミリーマート・サークルK)、ヤマト運輸の営業所から発送することができます。
○自宅集荷にも対応しているので、自宅から発送することができます。

sanpogarden.hatenablog.com

らくらくメルカリ便宅急便 全国一律600円~1,500円(メルカリと公式提携した発送方法)

らくらくメルカリ便「宅急便」
追跡番号
着払い X(メルカリが対応していないため)
補償
信書の発送 X
サイズの上限 縦・横・高さ(三辺)の合計160cmまで(最小は60cmサイズ)

○メルカリの「匿名配送」対応OK。
○サイズ別全国一律料金のため、出品者・購入者がどこに住んでいても同じ料金で発送することができます。
○ヤマト運輸の通常の宅急便より最大69%offの格安価格で利用することができます。

sanpogarden.hatenablog.com

合わせて読みたい

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

Copyright © さんぽガーデン(さんこ)all rights reserved.