【危険】メルカリでブランド商品を出品して利用停止!?「偽物じゃないはずなのに」と後悔する前に知っておきたいルール【禁止されている出品物とは?】

スポンサードリンク

「メルカリで本物のブランド品を出品したはずなのに利用停止になってしまった」というケースがあることをご存知ですか?

f:id:sanpogarden:20161230182119j:plain

メルカリではバッグや財布などのブランド物の取引が人気なのですが、出品者がルールを知らずに出品してしまうと利用停止になることもあります。今回は、メルカリでブランド商品を出品する前に知っておきたいルールについてまとめました。

「ブランド商品の本物を出品したはずなのに…」メルカリで利用停止になってしまったのはなぜ?

メルカリでブランド品を出品した人が「プレゼントでもらったブランド品の本物を出品したはずなのにメルカリ利用停止になってしまった」というケースがあります。

なぜなのでしょうか?

メルカリの「禁止されている出品物」「偽ブランド品」の項目の中にはこのように記載されています。

偽ブランド品、レプリカ商品、非ライセンス商品、本物・正規品と確証のないブランド商品(ノーブランドとしての出品もご遠慮ください)、違法コピー品等

※模倣品・海賊版の販売は商標、衣装、著作権などの知的財産権侵害となり、刑事罰(10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金など)の対象となります。

※本物と確証のない商品は削除の対象となることがあります。入手経路や正規品を証明する記載・掲載をお願いします。正規品か不確かな場合は出品を控えてください。

出典:メルカリ「ルールとマナー」「禁止されている出品物」

偽物だとハッキリしなくても、本物だと証明できるものがなければ「本物と確証のない商品」だと見なされてしまう場合があるんです。

プレゼントや頂き物のブランド品出品は危険がいっぱい!利用停止になるだけではなく警察に通報される恐れも。

プレゼントや頂き物の場合、プレゼントした人が「直営店で購入した」と話していても実は別の所で安く購入している場合もあります。その場合、知らない間にコピー品を購入していることがあります。精巧にコピーされている商品は”スーパーコピー”と呼ばれ、販売している人も購入している人も偽物だと気付いていない場合がありますので気をつけましょう。

自分で直営店で購入したブランド品で「ギャランティーカード」や「保証書」を出品画像に撮ってメルカリで出品できる場合はメルカリに出品して問題ないのですが、誰かからのプレゼントの場合、入手経路がはっきりせず正規品だと証明出来ない場合もあります。

例えば、購入した人が商品を受け取ってから不安に感じて買取専門店に査定に出した時に「こちらでは買い取ることができません」(買取不可)と言われた場合などは、後で大きな問題に発展する可能性があります。

(★買取専門店では「本物」「偽物」という鑑定ではなく「買取できる」「買取できない」という査定となりますので、本物か偽物かということを言葉で伝えられることはありません。)

メルカリ事務局への通報で出品者が利用停止などのペナルティになるだけではなく、警察に通報された場合には罪に問われる可能性もありますので注意が必要です。

もし、プレゼントや戴き物のブランド品を売りたい場合は、出張買取の「スピード買取.jp」など、査定ありのブランド買取専門店で売ることがおすすめです。

「スピード買取.jp」では申し込んだその日のうちに出張買取に来てくれることが多く(最短30分)、女性査定員を選べるのも安心です。タレントの坂上忍さんのTVCMでお馴染みのブランド買取専門店で、信頼感があるのが特徴です。

その場で品物を査定してもらえて即現金になるのも魅力で、なるべく早く現金化したい時にもおすすめです。

査定してもらって満足できない場合は売るのをやめることもできますし、その場合もキャンセル料などはなく、無料ですので安心です。

【詳しくはこちら】一昔前のブランドでも納得のお値段に!買取実績はこちらから

(メルカリで出品禁止となっている金券類商品券なども買い取ってもらえます。)

「スピード買取.jp」で買い取ってもらえるのは、上記のブランド品以外にも、洋服・アクセサリー・金券類・着物・切手・骨董品・宝石・時計・古銭など様々です。

メルカリでは禁止扱いになってしまいそうな品物や格安になってしまいそうな品物、売れるのに時間がかかりそうな品物を持っている場合におすすめです。

【公式サイトはこちら】ブランド品売るならスピード買取.jp

自分で直営店で購入したブランド品以外は出品を控えよう。素人が本物か偽物か見極めるのは難しい

プレゼントで頂いたブランド品を出品したいと思う方も多いと思いますが、知らずに偽物を出品してしまった場合のリスクが高いので控えるようにしましょう。

プレジデントオンラインでは弁護士の方が偽ブランド品の出品について、このように記しています。

落札されなくても、オークションに出品するだけで危ない。出品すれば、商標権の間接侵害にあたる販売目的の所持となり、5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金、または両方を科せられる(商標法78条の2)。

president.jp

偽物だと知らなかった場合はここまで罪に問われることはないようですが、注意が必要です。

自分で直営店で購入したブランド品を出品する時には、ギャランティーカードや保証書を出品画像に撮り、入手した時期や支店名を記載するようにしましょう。

念入りに出品する人の中には、出品前にメルカリ事務局に連絡して「○○ブランドの品で、ギャランティカードの番号は○○番、▲店で▲▲年に購入したものですが出品しても大丈夫でしょうか。」と問い合わせて返信をもらってから出品する人もいるようです。

手間はかかりますが、この方法なら確実で安心ですよね。

まとめ:プレゼントされたブランド品のメルカリ出品は危険!トラブルに巻き込まれる前にやめておこう

今回は、メルカリにブランド品を出品して利用停止になるケースがあることをご紹介しました。

特にプレゼントされた品は入手経路がハッキリしないので、「本物のはずなのに…」と思っても、通報された場合正規品だと証明できずに「偽物の可能性がある」と判定されて利用停止になったりトラブルになることが多いので気をつけましょう。

自分で直営店で購入したブランド品については出品することができますので、必ずギャランティカードや保証書、レシート(領収書)などを添付してルールを守った出品を心がけましょう。

どうしても売りたい場合は出張買取専門店で無料査定してもらうのがおすすめ

ブランド品を販売したくて正規品かどうかわからない場合は、先程ご紹介した出張買取専門店のスピード買取.jpの利用がおすすめです。CMでもお馴染みの出張買取専門店で、買取を申し込むとその日のうちに専門家が買取査定に来てくれます。(女性を選ぶこともできるので安心)

万が一、売ることをやめたくなった場合もキャンセル料もなく無料なので気軽に利用したいですね。詳しい買取実績をチェックしてみたい方はこちらからどうぞ。

【公式サイトはこちら】ブランド品の買取ならスピード買取.jp

合わせて読みたい(おすすめ記事)

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

メルカリで人気の発送方法(らくらくメルカリ便とその他の発送方法)

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

sanpogarden.hatenablog.com

Copyright © さんぽガーデン(さんこ)all rights reserved.